« 責め心のない厳しさ《4,860本目》 | トップページ | 笑顔で感情を切り替える《4,862本目》 »

まずは個人の能力を伸ばせ《4,861本目》

午前は福井市で学生協と住宅メーカー主催の教職員の皆様を対象としたセミナーで講師を務めました。楽しい時間をありがとうございます(^^)

Img_0675

午後からは、50周年を迎える電子制御部品メーカーのアール・ビー・コントロールズ株式会社様での社員教育でした。
石川県以外に中国や韓国にも工場があり、グローバルに世界戦略を描いています。
休日で自由参加にもかかわらず多くの社員さんにご参加いただきました。
7年前には社長を始め幹部社員の皆様へのエグゼクティブ・コーチングや社員教育を行っていました。
それから会社も好調の波に乗っているという社長の挨拶から始まりました。
今日も社員の皆様の聞く姿勢が素晴らしく、時間を軽くオーバーしてお話しさせていただきました。
著書も飛ぶように売れ、サインも書きまくりました。
用意した50冊が足りなくなり、その場で予約もたくさんいただきました。
社長以下、幹部の皆様と2種類の記念撮影(^^)

Img_0680 Bf1572d427bf4b3aa8addbf2d7658e20

早くも増刷決定!「超メンタルアップ10秒習慣」(大和書房)
4コマ漫画で”秒”で理解でき、右脳と左脳に働きかける一冊です。
只今絶賛予約受付中です(^^)/
https://amzn.to/375tunA

東洋経済オンラインで掲載された記事です。
最新の記事はこちら
●自己肯定感が低い人が使いがちな「マズい口癖」
https://toyokeizai.net/articles/-/327976
●星稜を「甲子園強豪校」に変えた2つの気づき
●ヘタれない人が寝る前3分間実行していること
●「勝負に強い人」が心得ている3つのこと
https://bit.ly/33UStHL

※ 脳科学で判明!どんどん「メンタルが弱くなるNGな習慣」とは?乗り越える方法4選
https://precious.jp/articles/-/15559
※ 勝負強い人はやっている!本番で「爆発的な力」が発揮できるメンタルトレーニングのやり方5選
https://precious.jp/articles/-/15417

ラグビーワールドカップの日本代表の活躍に日本中が注目し、歓喜に沸きました。いま注目されている「メンタルトレーニング」についてのインタビュー記事です。
https://mbp-japan.com/jijico/articles/32031/

飯山が講師を務めるJADA協会公認 SBTライセンス講座
◆SBT1級ライセンス講座大阪2期◆
会場 アットビジネスセンターPREMIUM新大阪
時間 各講13:00〜18:00
第1講 :2020年03月21日(土)
第2講 :2020年04月04日(土)
第3講 :2020年05月09日(土)
第4講 :2020年06月13日(土)
試験  :2020年07月18日(土)
▽お申込フォーム▽
zfrmz.com/3I2iJ0Hume8vu60gOEmP

【東京開催】SBT2級ライセンス講座の案内をアップしました。
https://bit.ly/2CDslGK

再受講も受け付けております。
再受講のお申込み、お問い合わせは下記の問い合わせフォームからどうぞ。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

人生を変えるコミュニケーション力を身につける!
銀座コーチングスクール金沢校 無料体験講座随時開催中!
⇒ http://www.ginza-coach.com/2017/school/area03/kanazawa.html
銀座コーチングスクール福井校 無料体験講座随時開催中!
⇒ http://www.ginza-coach.com/2017/school/area03/fukui.html


「見ていて楽しいし、何よりカッコいいです。そのカッコよさの原形は、個人と個人の対決のようなところにあると思うんです。力と力の対決というんですかねぇ」

今回は1995年8月 Number374号 オリックス時代のイチローへの取材記事から。

当時からメジャー好きを公言していたイチロー。
メジャーのどんなところに憧れていたのか。

日本では個人よりもチームの勝利が優先されます。
その最たるものが”送りバント”ですね。
自分を犠牲にしてランナーを次の塁に送り届けるわけです。

イチローは、個人と個人の戦いがあって、その結果、チームの勝利があると思っていると語っています。
だから日本の野球よりもメジャーのベースボールを好んだのでしょう。

確かに野球はチームスポーツではありますが、バッターボックスでは個人と個人の戦いです。
これを純粋に楽しめるのがメジャーなんですね。

イチローはこの個人と個人の勝負にこだわってきたといえるでしょう。
そのために自分の身体と技術を磨き続けてきました。

仕事でも職場のチームプレーが必要だということはわかっています。
ただ、”強い個”が集まるから強いチームになるのです。

まずは・・・

続きはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓
脳力開発メルマガ「夢☆目標実現のための脳力思考」
http://www.reservestock.jp/subscribe/8407
購読は無料。購読登録すればバックナンバーも見ることができますよ。
講座やスクール、セミナー等の情報をいち早くお届けします。
ご自身で購読登録、解除が行えますので安心してご登録下さいね。

親や指導者のための子供の伸ばし方をDVDに収録
「飯山式メンタルトレーニング〜いまどきの子のやる気を引き出す大人の接し方〜」
スポーツ指導に限らず、受験指導にも効果を発揮しますよ!
http://www.mlritz.com/link/113/1/274/1/

【著書】
「超メンタルアップ10秒習慣」(大和書房)
「勝者のゴールデンメンタル」(大和書房)
「今どきの子がぐんぐん伸びるメンタルトレーニング」Kindle版(サンリパブリッシング出版)
「自分の中の『どうせ』『でも』『だって』に負けない33の方法」(実務教育出版)
「いまどき部下」がやる気に燃えるリーダーの言葉がけ(青春出版社)
「いまどきの子を本気に変えるメンタルトレーニング」(秀和システム)
「いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング」(秀和システム)

◎SBTスーパーブレイントレーニング®
◎ポジティブ・スコアリング®
◎メンタルアップトーク®

を活用したコーチングプログラムで、組織やチームの目標達成のための実現教育®を行っています。

会社、団体、グループ等で話をさせていただく機会をいただければ幸いです。
思い、言葉と脳の関係、逆境に強い脳をつくるポイントをお話します。

お問い合わせ、ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

|

« 責め心のない厳しさ《4,860本目》 | トップページ | 笑顔で感情を切り替える《4,862本目》 »