« 日本流を極める《4,001本目》 | トップページ | 尊敬と反発は紙一重《4,003本目》 »

力みを抜くためには《4,002本目》

昨日は、大手IT企業での社員教育やリーダー教育の打ち合わせ、高校女子テニス選手のメンタル指導、小松市の中学校での講演がありました。

この中学校の生徒のあいさつの姿勢にびっくりしました。しかも先生が言うからではなく、皆自主的にやっています。先輩から後輩に脈々と受け継がれているというのです。この伝統は素晴らしいですね。
講演後は3年生の女子生徒たちが私のところに集まってきて質問攻めに。その後は先生方、お母さん方と講演後も遅くまで話が続きました。
楽しい時間をありがとうございます!

Fullsizeoutput_1550

Fullsizeoutput_1551

メンタルアップトーク®で言葉を変えると成果が変わる!!
ビジネス&スポーツの教育改革を推進します!!

SBT3級認定講座を開催します。
金沢会場:11月19日(日)満員御礼
  〃  11月26日(日)
http://www.sanri.co.jp/sbt_school/

人生を変えるコミュニケーション力を身につける!
銀座コーチングスクール金沢校 無料体験講座随時開催中!
⇒ http://www.ginza-coach.com/2017/school/area03/kanazawa.html
銀座コーチングスクール福井校 無料体験講座随時開催中!
⇒ http://www.ginza-coach.com/2017/school/area03/fukui.html


大事な仕事や試合で、力が入り過ぎて身体が硬くしてしまうことがあります。

普段とは違った大きな舞台に立つとき
周りからの期待が大きくなった場面など

いつもと違う場面になると、身体が硬くなって力が発揮できなくなってしまうことがあります。

このようないわゆる”力んだ状態”のときに、「肩の力を抜いて」「リラックスしていこう」などと思っていても、逆に力が入ってしまいます。

また周りから「力を抜け!」「リラックスしていけ!」と言われてもなかなか身体は言うことを聞いてくれないんですね。

では、このように力んでしまったときには、どのようにして力を抜けばいいのでしょうか。

私たちの身体は環境の変化によって自然と力が入ってしまった力を抜くことは難しいですが、自分で意識的に入れた力であれば、簡単に抜くことができます。

つまり、自分で力を入れて、その後一気に脱力すればいいんです。

例えば、まず肩を上げて力を入れてから、一気に力を抜いてみます。
そうすることで、肩の力が抜けてラクな気持ちでプレゼンや商談、試合などの本番に臨めるようになります。

メルマガだったらすぐ読めます。
脳活!夢☆目標実現のための脳力思考(無料)
http://www.reservestock.jp/subscribe/8407

購読は無料。購読登録すればバックナンバーも見ることができますよ。
講座やスクール、セミナー等の情報をいち早くお届けします。
ご自身で購読登録、解除が行えますので安心してご登録下さいね。

スマホアプリで簡単にメールマガジンが読める!!
下記のアプリをスマホにダウンロードしていただき、「夢☆目標を実現させる脳力思考」または「飯山」検索でしていただくとメルマガをスマホで簡単に読めるようになります。ぜひお試し下さい。

【リザストメーラー】
アンドロイドでもiPhoneでもこのリンク1つでインストール先に飛びます
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page

親や指導者のための子供の伸ばし方をDVDに収録
「飯山式メンタルトレーニング〜いまどきの子のやる気を引き出す大人の接し方〜」
スポーツ指導に限らず、受験指導にも効果を発揮しますよ!
http://www.mlritz.com/link/113/1/274/1/

4作目の新刊です!
「自分の中の『どうせ』『でも』『だって』に負けない33の方法」
https://www.amazon.co.jp/dp/4788912961/
おかげさまで第20刷の重版になりました!
「いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング」
http://www.amazon.co.jp/dp/4798043001/
こちらも第6刷の重版になりました!
「いまどきの子を本気に変えるメンタルトレーニング」
http://www.amazon.co.jp/dp/4798047147/
ビジネスにメンタルコーチングを!待望のビジネス版!
「いまどき部下」がやる気に燃えるリーダーの言葉がけー Leadership Words ー
http://www.amazon.co.jp/dp/4413230108/

指導力が問われる時代になりました。
組織の目標を実現する指導者、管理者を育成する教育プログラム。
研修のお問い合わせ、ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

高校の部活動やクラブチームにメンタルトレーニングを導入してみませんか?
心の状態でパフォーマンスが決まりますから、フィジカルとともにメンタルを鍛えることはとっても大事です。
相談は無料ですからお気軽にお問い合わせ下さいね。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

経営者や指導者のためのリーダーシップ・セッションを受け付けております。まずは3ヶ月の集中トレーニングで一気に実現力を手に入れてみませんか?
遠方の方でも、Skypeや電話での対応も行なっておりますのでお気軽にご相談下さいね。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

|

« 日本流を極める《4,001本目》 | トップページ | 尊敬と反発は紙一重《4,003本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力みを抜くためには《4,002本目》:

« 日本流を極める《4,001本目》 | トップページ | 尊敬と反発は紙一重《4,003本目》 »