« 理屈ではなく本能で《3,555本目》 | トップページ | 場の空気に飲まれたとき《3,557本目》 »

自らの限界はイメージで《3,556本目》

昨日は、社員教育の打ち合わせ、ロータリークラブの事業で講師を務めました。
通常の卓話ではなく、1時間30分の時間をいただいて「最強プラス思考養成講座」と題して、組織を最強プラス思考にするための方法についてお話させていただきました。
ご縁をいただきありがとうございます。

46802ab1d9ba42e9a1cf6a43557e5e52

今日は、福井で開催される北信越高校野球大会を観戦します。

では、今日も望む結果を得たい人や目標に向かう組織を燃えるチームに変えるリーダーシップ、実現教育®をガンガンやっていきますよd(^_^o)

若手社員の指導に悩む経営者や上司、生徒や選手の指導に悩む指導者、子供の教育に悩む親御さんにはぜひ読んでいただきたいです。
おかげさまで第12刷の重版になりました。
「いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング」
http://www.amazon.co.jp/dp/4798043001/

高校の部活動やクラブチームにメンタルトレーニングを導入してみませんか?
心の状態でパフォーマンスが決まりますから、フィジカルとともにメンタルを鍛えることはとっても大事です。
相談は無料ですからお気軽にお問い合わせ下さいね。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

経営者や指導者のためのリーダーシップ・セッションを受け付けております。まずは3ヶ月の集中トレーニングで一気に実現力を手に入れてみませんか?
遠方の方でも、Skypeや電話での対応も行なっておりますのでお気軽にご相談下さいね。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605


私たちは、無限の可能性を持っているにもかかわらず、

自分はここまでが限界だ

と勝手に自分で限界の枠をつくってしまっている人がいます。
この限界の枠は、無意識の中にできていて、常にその枠の中で行動しているのです。

例えば、遠足で近くの山に登ろうとしている人と、富士山に登ろうとしている人とでは、準備や行動の質や量が違ってくるはず。

スポーツでも、国内で良い成績を残そうと考えている選手(チーム)とオリンピックでメダルを狙う選手(チーム)とでは、練習の質と量が違ってくるのは当たり前です。

この枠の大きさを決めているのは、両親でも、監督でも、上司でもなく、

自身の将来に対するイメージ力

なんですね。

能力に制限や限界があるわけではありません。
自分の中で「私はここまで」という限界の枠をつくっているだけなんです。

夢を実現している明確なイメージがあると、

失敗が成功のもとになる

ということがわかります。
この感覚が身につくと、驚くほど能力を発揮できるようになりますよ・・

続きは下記のメルマガで書いてます。
毎日1分の脳活!夢☆目標実現のための脳力思考(無料)
http://www.reservestock.jp/subscribe/8407

本文の最後に質問があります。

毎日の問いかけで考える習慣をつくりませんか?
購読は無料。購読登録すればバックナンバーも見ることができますよ。
講座やスクール、セミナー等の情報をいち早くお届けします。
ご自身で購読登録、解除が行えますので安心してご登録下さいね。

指導力が問われる時代になりました。
組織の目標を実現する指導者、管理者を育成する教育プログラム。
研修のお問い合わせ、ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/2605

☆人生を変えるコミュニケーションを体感する
 銀座コーチングスクール金沢校 無料体験講座、クラス開催
  ⇒ http://www.ginza-coach.com/school/kanazawa.html
 銀座コーチングスクール福井校 無料体験講座、クラス開催
  ⇒ http://www.ginza-coach.com/school/fukui.html

|

« 理屈ではなく本能で《3,555本目》 | トップページ | 場の空気に飲まれたとき《3,557本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自らの限界はイメージで《3,556本目》:

« 理屈ではなく本能で《3,555本目》 | トップページ | 場の空気に飲まれたとき《3,557本目》 »