« 使う言葉が影響する《2,571本目》 | トップページ | ビジョンの条件《2,573本目》 »

脳の反応と物事の結果《2,572本目》

人と組織の望む結果を手に入れる”実現力”の養成、
ティーチング・コーチング・メンタルトレーニングなど
人財マネジメントの飯山晄朗です d(^_^o)

高視聴率ドラマだった「半沢直樹」の最終回。
大どんでん返し・・と言いたいところですが、先読みできる展開でしたね。

最後に銀行への背任行為で吊るしあげられた常務への処分は、平取締役への降格のみ。
逆に”正義の味方”半沢直樹は出向を命じられます。

人としての判断は別として、組織のトップとしては適切な判断だと思います。
金融庁検査もあったこの時期にNo.2を更迭すると、「東京中央銀行に何かあったのではないか」と世間が騒ぎ出しますからね。

「人を見て判断した」

頭取のセリフです。
半沢直樹は、正義感を振りかざして、結局は私的な欲求を満たそうとした。
組織としては非常に使いづらいタイプですね。

このようなタイプはフリーランスになるのがいいかも。


物事の結果を左右する脳の反応があります。

夢や目標に向かって取り組んでいることや、
結果を出さなければならない取り組みに対して、
どんどん接近している反応の場合、

つまり、放っておいてもやっている状態のときはグッド!

逆に、やらなくてもいいのについやってしまう。
例えば、やらなければならないことがあるのにゲームなどの娯楽で時間を潰してしまう。

このような反応はできるだけ回避したいですね。

その鍵は、私たちの感情が握っています。

感情をコントロールすることを身につけければ、人生を自在に操れるかもしれません。
半沢直樹もこの感情のコントロールを身につけていれば出向にならずに済んだかも・・。

どのように反応を変えるかというと・・・・

続きは下記のメルマガで書いてます。

毎日メールで届く!夢☆目標実現のための脳力思考(無料)

本文の最後に質問があります。
毎日の問いかけで考える習慣をつくりませんか?

購読は無料。購読登録すればバックナンバーも見ることができますよ。
講座やスクール、セミナー等の情報をいち早くお届けします。
ご自身で購読登録、解除が行えますので安心してご登録下さいね。

あなたの可能性はもっと拡がる!

ビジネス・スポーツ・学習の分野で『デキる教育』を!

※「デキる教育」とは、自分(相手)の可能性の枠を拡げ、望む結果を得ることが”できると思える”教育のこと。

自分の将来も、人間関係も・・すべては脳が決めています!

今日も脳をプラス状態にして最幸の一日にしましょう!!

夢や目標の明確化から具体的な行動計画、そしてその行動を実現まで継続していくためのメンタルサポートを行なっています。遠方の方でも、Skypeや電話での対応も行なっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

飯山の『実現力サポート』無料オリエンテーションはこちら

個別サポートや研修講師等のお問い合わせ、ご相談はこちら

|

« 使う言葉が影響する《2,571本目》 | トップページ | ビジョンの条件《2,573本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳の反応と物事の結果《2,572本目》:

« 使う言葉が影響する《2,571本目》 | トップページ | ビジョンの条件《2,573本目》 »