« 耐えるのではなく向かっていく《2,528本目》 | トップページ | 言葉の質が人生の質《2,530本目》 »

脳は最後を記憶する《2,529本目》

組織の盛衰を決めるNo.2づくり。
ティーチング・コーチング・メンタルトレーニングなど
人財マネジメントの飯山晄朗です d(^_^o)

「シュートで終わると良い」

サッカーの解説で何度も言われるフレーズですね。

シュートのカタチまで持っていければ良しとするということです。
サッカーは、シュートをして得点する競技ですから、シュートを打たない限り得点する機会がありませんからね。

実は、脳の分野でもこのことは重要な意味を持っているんです。

脳は”最後を記憶する”という特徴があります。

このことがわかっていれば、シュートで終えることの大切さがわかると思います。
シュートで終えたことが記憶されますから、いいカタチで試合が進行しているということを感じられるようになります。

すると、

「今日はいけるかも」

と脳が錯覚を起こして、身体もそれに反応して行動につながります。

先の甲子園での星稜高校の試合も、9回に反撃をして終えています。

つまり・・

続きは下記のメルマガで書いてます。

毎日メールで届く!夢☆目標実現のための脳力思考(無料)

本文の最後に質問があります。
毎日の問いかけで考える習慣をつくりませんか?

購読は無料。購読登録すればバックナンバーも見ることができますよ。
講座やスクール、セミナー等の情報をいち早くお届けします。
ご自身で購読登録、解除が行えますので安心してご登録下さいね。

『強くなりたい』すべての人のために!

夢や目標の明確化から具体的な行動計画、そしてその行動を実現まで継続していくためのメンタルサポートを行なっています。遠方の方でも、Skypeや電話での対応も行なっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

飯山の『実現力サポート』無料オリエンテーションはこちら

個別サポートや研修講師等のお問い合わせ、ご相談はこちら

|

« 耐えるのではなく向かっていく《2,528本目》 | トップページ | 言葉の質が人生の質《2,530本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳は最後を記憶する《2,529本目》:

« 耐えるのではなく向かっていく《2,528本目》 | トップページ | 言葉の質が人生の質《2,530本目》 »