« ワクワクスイッチが押される瞬間《2,363本目》 | トップページ | 無理だと思っていることが実現する《2,365本目》 »

組織の盛衰の鍵はNO.2が握っている《2,364本目》

起業、新規事業など中小企業の新たな取組みの支援、
コーチング・ティーチング・メンタルトレーニング、
人財能力開発の飯山晄朗です d(^_^o)

これまでいろんな企業や組織に関わってきました。
自分自身も企業の経営者でもあり、またいくつかの組織の一員でもあります。

そんな中で、近年特に感じていることは、

企業や組織の盛衰の鍵を握るのは、NO.2だということです。

あなたの企業や組織にNO.2と呼ばれる人はいますか?
俗にいう”番頭さん”ですね。

なぜ、NO.2が企業や組織の盛衰の鍵を握るのかというと、

NO.2は、
トップの考え、決断を組織に伝え、実行に移す役割を担っているからです。

飯山も自分の会社以外の組織のトップも経験しましたし、NO.2も経験しました。それぞれの役割のときに目標を実現してきました。
そのときも痛切に感じたのは、NO.2の存在の大きさです。

NO.2が絶対にやってはいけないことは、

トップの考えや決断を非難すること

です。
これをやると、組織は崩れていきます。
極端にいうと、NO.2は自分の考えを組織内部や外部の人間に語ってはいけないのです。特に、トップと考えが合わないという話は御法度。

ですから、トップはNO.2の人選を慎重にやらなくてはいけません。
何度も言いますが、組織の盛衰の鍵を握りますので。

では、NO.2にふさわしい人とはどのような人でしょうか。

まずは、自分を犠牲にできる人でしょう。
はっきり言って、自己主張が強い人間は向かないですね。
黒子に徹することができる人間を選ぶ必要があります。

形だけでもいいから、トップを立てる

ということです。

後継者の人は、まずこのことを理解してもらいたいですね。

脳の活かし方がわかると、どんな夢や目標も叶うことができます。すべては、私たちの脳が決めていますからね。
スーパーブレイントレーニング(SBT)で体感してみて下さい。

【スーパーブレイントレーニング(SBT)】スターター講習
→ 2月17日(日)15:00-20:00 詳細、お申込みはこちらから
席には限りがあります。お早めにお申し込み下さい。

脳の仕組みを利用し、社員やスタッフと一緒に夢や目標に向かって突き進んでいける”巻き込み型”の理念とビジョンをつくり、理念やビジョンに沿った行動を促すための仕組みづくりを行います。

【動きだしたくなる理念とビジョンのつくり方講座】
→ 2月26日(火)19:00開講! 詳細、お申込みはこちらから
席には限りがあります。お早めにお申し込み下さい。

|

« ワクワクスイッチが押される瞬間《2,363本目》 | トップページ | 無理だと思っていることが実現する《2,365本目》 »

コメント

飯山さん、お久しぶりです

我社に、ど真中です

投稿: 三宅 | 2013年2月14日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の盛衰の鍵はNO.2が握っている《2,364本目》:

« ワクワクスイッチが押される瞬間《2,363本目》 | トップページ | 無理だと思っていることが実現する《2,365本目》 »