« マイナス思考からすぐに抜け出す《2,372本目》 | トップページ | 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 »

理念やビジョンに向かわせるには《2,373本目》

起業、新規事業など中小企業の新たな取組みの支援、
ティーチング・コーチング・メンタルトレーニング、
人財能力開発の飯山晄朗です d(^_^o)

コーチングがうまくいかない

というときは、大概、自分(コーチ側)が答え(何らかの意図)を持っていて、自分の答え(何らかの意図)に相手を同意させたい、もしくはそれに沿った答えがほしい、行動をしてほしいという気持ちで相手に接しているとき。

コーチングは、決して自分(コーチ側)の意図していることに、相手(クライアント側)を導くものではありません。

ですから、
例えば、会社であれば、会社の目標を押し付け、その目標に向かわせるような形になってしまうと、その時点でコーチングは機能しなくなってしまいます。

でも、実際のところは、会社の理念やビジョン、目標に部下や社員を向かわせたいところですよね。

そこで、

”会社の目標”

として押し付けるのではなく、

”自分が期待すること”

として伝えてみる。

「今期の目標は◯◯なんだよね。これをどうやって達成するの?」

ではなく、

「今期の目標は◯◯なんだよね。君にはどうしても今期の目標を達成して欲しいと思っている。なぜなら〜という理由からなんだ。私はこんなふうに思っているんだけど、君はどう思う?」

このように自分が期待していることを明確に伝えて、答えを相手に委ねるような表現をすることで、社員や部下は自分は信頼されていると感じ、自ら考えて行動を起こしやすくなります。

このような関わり方ができるようになるには、コーチングスキルはもとより、コーチ側の自己基盤がしっかりしていなければなりません。

自己基盤を強固にするワークが盛りだくさんの銀座コーチングスクール金沢校・福井校で、人生を変えるコーチングを学んでみませんか?

◆銀座コーチングスクール金沢校・福井校
◆スーパーブレイントレーニング(SBT)講習
◆動きだしたくなる理念とビジョンのつくり方講座
詳細、お申込みはこちらから

|

« マイナス思考からすぐに抜け出す《2,372本目》 | トップページ | 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理念やビジョンに向かわせるには《2,373本目》:

« マイナス思考からすぐに抜け出す《2,372本目》 | トップページ | 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 »