« 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 | トップページ | 伝えたつもりで伝わっていないとき《2,374本目》 »

ティーチングで重視していること《2,373本目》

起業、新規事業など中小企業の新たな取組みの支援、
ティーチング・コーチング・メンタルトレーニング、
人財能力開発の飯山晄朗です d(^_^o)

【動きだしたくなる理念とビジョンのつくり方】を開催しました。
数年ぶりのオリジナル企画のセミナーだったのですが、ご参加いただきました皆様、本当に有難うございました。

ある経営者の勉強会で、同様のテーマでの話を依頼されたことがきっかけでしたが、自分の整理も兼ねてセミナーという形で提供することができました。

飯山のセミナー等に参加された方の感想で一番多いのは、

「わかりやすい」

ということ。

”教え力”を冠に、ティーチングスキルを磨くことにも重点をおいているので、この言葉は最幸に嬉しいです。

言葉の定義、表現方法、伝え方...

これらをどのようにすればいいかを常に考えながら話の組み立てをつくっています。

そのために、

やさしい表現をする(simple)
真っ直ぐ語りかける(straight)
脳に揺さ振りをかける(shake)

この”3つのS”を特に重要視しています。
飯山が考えるティーチングの3要素です。

銀座コーチングスクール(GCS)
スーパーブレイントレーニング(SBT)

に続くレギュラー講座として、
経営者、管理者などリーダー向けのティーチング講座も考案中。
何かを創り出すときが一番楽しいですね。

◆銀座コーチングスクール金沢校・福井校
◆スーパーブレイントレーニング(SBT)講習
詳細、お申込みはこちらから

|

« 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 | トップページ | 伝えたつもりで伝わっていないとき《2,374本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティーチングで重視していること《2,373本目》:

« 堂々巡りを打破する方法《2,372本目》 | トップページ | 伝えたつもりで伝わっていないとき《2,374本目》 »