« あがり状態でも冷静になれる《2,338本目》 | トップページ | ダイエットから得ること《2,340本目》 »

ビジネスプランの成否《2,339本目》

起業、新規事業など中小企業の新たな取組みの支援、
コーチング・ティーチング・ブレイントレーニング、
人財能力開発の飯山晄朗です d(^_^o)

後継者の方やこれから起業しようとする方の
ビジネスプランを拝見する機会が多いのですが、

このビジネスはうまくいきそうか
全くお話にならないレベルか

ひと目で分かるときがあります。

それは、

事業に取り組む”心の姿勢”がどうなのか

ということです。

ビジネスプランを作成するのに
どれだけの時間をかけて考え抜いたのかということです。

パッと見たときにわかりますよね。
内容を精査する以前の問題です。

当然、ビジネスの内容は重視されるところですが、
それ以前に、事業に対してどれだけの思い入れがあるのか
ということが成否を決定づける大きな要素だと思います。

成功者は、結局のところ、

成功するまで諦めなかった人

のことを言います。
この事業で何としても生きていくんだ!
という思いが伝わらないビジネスプランほどつまらないものはありません。

伝えている人の表情や態度からも、それは見抜けます。
自分がワクワクしていないのに、自分以外の人をワクワクさせることはできませんね。

飯山がビジネスプランを拝見するときの基準にしていることがあります。
それは、

この事業に出資をお願いされたら、喜んで出資したいか

ということです。
これは、うまく話すとか、感動を与えるとかということではありません。

どれだけの時間と労力、ときにはお金をかけて作成したのか

ということです。
それが表れているビジネスプランはやはり信憑性も高くなりますよね。

そんなビジネスプランを作成する際にも、
脳の機能を活用すると、他とは明らかに違うものができあがります。

その全貌は、スーパーブレイントレーニング(SBT)でお伝えしています。
まずは、スターター講習を受講してみて下さいね。

成功の法則、コミュニケーションスキルを手に入れる
残席残り6席です → 人生を変えるセミナー、講座

|

« あがり状態でも冷静になれる《2,338本目》 | トップページ | ダイエットから得ること《2,340本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスプランの成否《2,339本目》:

« あがり状態でも冷静になれる《2,338本目》 | トップページ | ダイエットから得ること《2,340本目》 »