« サービス業にとって一番大切なこと《2,253本目》 | トップページ | コーチングと感情のコントロール《2,255本目》 »

うまくいかいない質問の例《2,254本目》

起業、新規事業など中小企業の新たな取組みの支援
コーチング、ビジネス研修、人財教育の飯山晄朗ですd(^^o

相手と上手に付き合うには◯◯をしたらいいと思うんですができますか?
部下を育成するためには△△が大事なんですがやれますか?
売上をあげるためには□□をやる必要がありますがやってみますか?

特に男性で、ビジネス色の強い方の質問に多い傾向があります。
コーチングがうまくいかない原因の一つは、

質問の中に自分の意見が入ってしまう

ということです。

自分の意見や提案が入り、最後はクローズドクエスチョン(答え方がYes or Noになる)の形になっているわけです。コンサルタントや上司の立場の方、専門知識がある方などに多い傾向ですね。

もちろん、この形の質問があってもいいんです。
ただ、1回のセッション(対話)の中で何度もこの形で質問していると、相手は考えることをやめてしまい、セッション自体がとてもつまらないものになって、コーチングの意味がなくなってしまいます。

コーチングは、相手に自分で考えて答えを見つけてもらうために、そして考える力を養うために行うものです。

自分ではなかなか気づかないので、録音して自分のセッションを客観的に聴いたり、熟練したコーチにセッションを聴いてもらってフィードバックをもらうことが大事ですね。

何事もそうですが、最初は意識して取り組むことが必要です。何度も繰り返しているうちに潜在意識に入っていきます。そうなると”できる”状態になります。

以下ご案内です。

緊急告知!
これからの変革の時代を生き抜くには、自分(自社)のスタイルを確立することが重要となります。まずは、どこを目指すのか、何のためにやるのかを見つけるお手伝いをします。電話(Skype)でのサポートも可能です。
お問い合わせお申込みはこちらまで → お問い合わせフォーム

ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご依頼もお待ちしています!!

石川、福井でコーチングを学ぶなら
銀座コーチングスクール金沢校・福井校
無料体験講座 → 詳細、日程はこちらからどうぞ

社内研修や団体研修でも銀座コーチングスクールのカリキュラムが学べる『出張コーチングスクール』も受付けております!

夢や目標実現は「脳力開発」から。スーパーブレイントレーニング(SBT)を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。
一般向け公開SBT講習の予定 → こちらからご確認下さい

|

« サービス業にとって一番大切なこと《2,253本目》 | トップページ | コーチングと感情のコントロール《2,255本目》 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまくいかいない質問の例《2,254本目》:

« サービス業にとって一番大切なこと《2,253本目》 | トップページ | コーチングと感情のコントロール《2,255本目》 »