« 得たい成果は何ですか《2,205本目》 | トップページ | 飲食、サービス業における競争優位戦略《2,207本目》 »

五輪選手のしぐさと脳の関係《2,206本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

ロンドン五輪開幕しましたね。
日本選手の活躍が楽しみです。

もう一つの私の楽しみは、
選手たちが行う『しぐさ』や『動作』、そして『言葉』です。

陸上短距離のボルト選手の弓をひくようなしぐさや
体操の内村選手の競技前のしぐさ
棒高跳びの女王イシンバエワ選手のスタート前の言葉

など、一流の選手たちが見せる競技前のルーティーンです。
ルーティーンは一種の儀式みたいなもの。
この動作や言葉かけで自分の脳にスイッチを入れるんですね。
イチロー選手の打席で行うしぐさは有名ですよね。

なぜ、このルーティーンに興味、関心があるのかというと、
実は、このルーティーンのつくり方をスーパーブレイントレーニング(SBT)でお伝えしているからなんです。

弱小だった駒大苫小牧が甲子園で全国制覇を成し遂げたときのNO.1ポーズ
北京オリンピックで金メダル、そして先日の世界選手権でも世界一になった、女子ソフトボールチームが使うNO.1ポーズ
元メジャーリーガー桑田真澄投手のボールに語りかけるしぐさ
など、これまでも多くのスポーツ選手、チーム、企業などが、このしぐさや言葉をつかってモチベーションをコントロールしています。

ただ、単に動作を決めてやればいいというものではありません。
これをいくら繰り返していてもモチベーションには影響しないんですね。

実は、動作を”スイッチ”にするためには、あることが必要なんです。
それをスーパーブレイントレーニング(SBT)では”魔法の粉”と言っています。

詳しくは、SBTスターター講習で!!

以下ご案内です。

◆脳を常に最高の状態にして、プラスイメージ、プラス感情、プラス思考を維持する方法
◆モチベーションをマネジメントし、行動を変える方法
◆成果につながる戦略、戦術づくりの方法、戦闘力を向上させる方法

これらをお伝えし、実践をサポートすることで、関わった人や組織の実現力を高めることが飯山の使命です。
個人コーチング、企業コーチングのクライアント募集中!
ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご依頼お待ちしています!!
こちらからお願いします → お問い合わせフォーム

最強プラス思考をつくるスーパーブレイントレーニング(SBT)
を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。
SBT講習の予定 → こちらからご確認下さい

金沢、福井でコーチングを学ぶなら
銀座コーチングスクール金沢校・福井校
無料体験講座 → 詳細、日程はこちらからどうぞ

社内研修や団体研修でも銀座コーチングスクールのカリキュラムが学べる『出張コーチングスクール』も受付けております!

|

« 得たい成果は何ですか《2,205本目》 | トップページ | 飲食、サービス業における競争優位戦略《2,207本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪選手のしぐさと脳の関係《2,206本目》:

« 得たい成果は何ですか《2,205本目》 | トップページ | 飲食、サービス業における競争優位戦略《2,207本目》 »