« 否定形の言葉を変換する《2,169本目》 | トップページ | 成長支援のツートップ《2,171本目》 »

壁は分解してしまえば怖くない《2,170本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

中小企業の営業管理職として5名の部下を抱えています。
この景気の中思うように業績が上がらず、会社からのプレッシャーもきつい。
部下の意欲も冷めていて、この八方ふさがりな状況をなんとか打開したい。

このような悩みを抱えた方も多くのではないでしょうか。

八方ふさがりになっている

ということを感じていらっしゃるわけです。
目の前にある大きな壁の前で、一歩も進めず立ち尽くしている状態です。

この場合、どのように解決策を見出していけばいいのでしょうか。

実は、分解(細分化)してあげるのです。

壁を壁そのものだと思っている以上、どうしようもできません。
だから、壁を分解(細分化)して小さな塊にしていきます。

これをコーチングではチャンクダウンと言っています。
チャンク(=塊、漠然としたもの)をダウン(=崩す、ほぐす)
という意味です。

今回の場合は、八方ふさがりな状況について、

「具体的にはどんな状況なんですか?」

という質問で、事実確認することから入ります。
すると、以外にも質問に答えて話しているうちに、
解決策が見えてくることがあります。

自分の中では、大きな壁だと”思い込んでいる”ということがあります。
具体的な状況について考えているうちに、壁が壁ではなく解決可能な
小さな塊だったことに気がつくんですね。

このように”思い込みを外す”ことも
コーチングの重要なスキルの一つです。

あなたもコーチングを学んでみませんか?
銀座コーチングスクール無料体験講座 → 詳細、日程はこちらから

社内研修や団体研修でもコーチングクラスを受講できます。
出張でのクラス開講 → こちらからお問い合わせ下さい

➤自分の取り組んでいることが本当にこれでいいのだろうか。
➤どんなふうにコミュニケーションを取っていけばいいのだろう。
➤自分や自分以外の人をやる気にさせるにはどうしたらいいのか。
➤伝えたいことがうまく言葉で表現できない。

こんな方は、飯山のサポートを受けて見ませんか?
自分の中で解決策を考えようと思っても堂々巡りになりがちです。
夢や目標を明確にしてワクワクしながら取り組めることを目指します!
まずは、無料コーチングサポートから。

また、ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演のご相談も受付けております。

こちらからお問合せ下さい。

脳の機能を利用し、大脳生理学、心理学を応用したスーパーブレイントレーニング(SBT)を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。詳細ページは現在作成中です。

|

« 否定形の言葉を変換する《2,169本目》 | トップページ | 成長支援のツートップ《2,171本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁は分解してしまえば怖くない《2,170本目》:

« 否定形の言葉を変換する《2,169本目》 | トップページ | 成長支援のツートップ《2,171本目》 »