« 客観的な分析、評価の仕組み《2,179本目》 | トップページ | 成果を出すことにコミットメント《2,181本目》 »

NO.2の立ち回り方で組織が決まる《2,180本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

社長が朝礼で我が社の方針を話している。
一方で、朝礼後NO.2である専務、常務が

「自分はちょっと違うと思うんだ」

と社員たちに話を始める。
よくある光景です。

組織のトップがどんなに優秀でも
NO.2がダメなら組織は機能しなくなります。

ここでいう”ダメ”とは、
優秀でないという意味ではありません。

自分の意見を主張するNO.2です。

もっというと、
社長や組織のトップの言ってることと反対のことを語ること。

こうしているとどっちの言うことをきいていいのかわからず
組織は混乱を起こします。
このようなNO.2がいる組織は疲弊していきますね。

優秀なNO.2はトップの言うことに従います。
そして、いかにトップの意向にそったカタチを実現するかを考え、
行動し、結果を出します。

このようなNO.2がリーダーシップを発揮している組織は
どんどん成長していきます。

ここで疑問が湧いてくると思います。

トップの言ってること、やろうとしていることが
明らかに間違いだ、もしくは自分と意見が違う
というときはどうするの?

そんなときは、
皆の前ではなくて、トップとNO.2の二人でとことん話し合うこと。
そして、意見をまとめて組織に同じように伝えること。
NO.2は、組織の中でトップの意向を翻訳する役割もあります。

組織のトップ、NO.2ともに経験し結果を出してきたからこそ
わかることがあります。

組織はNO.2で決まる!

以下ご案内です。

”幸せな成功者”を目指す「ハッピー・ブレイン・コーチング」
まずは無料体験セッションを受けてみて下さい。
お問い合わせフォーム

脳の機能を利用し、成功脳をつくるスーパーブレイントレーニング(SBT)
を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。
SBT講習の予定 → こちらからご確認下さい

金沢、福井でコーチングを学ぶなら
銀座コーチングスクール金沢校・福井校
無料体験講座 → 詳細、日程はこちらからどうぞ

社内研修や団体研修でも銀座コーチングスクールを開講できます。
出張でのクラス開講 → こちらからお問い合わせ下さい
また、ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご相談も受付けております。
こちらからお問合せ下さい。

また、ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご相談も受付けております。
こちらからお問合せ下さい。

|

« 客観的な分析、評価の仕組み《2,179本目》 | トップページ | 成果を出すことにコミットメント《2,181本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.2の立ち回り方で組織が決まる《2,180本目》:

« 客観的な分析、評価の仕組み《2,179本目》 | トップページ | 成果を出すことにコミットメント《2,181本目》 »