« 夢に向かって進みたくなる《2,182本目》 | トップページ | 自信がないとき《2,184本目》 »

言葉の語尾に気をつける《2,183本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

京都で倫理法人会のナイトセミナーの講師として登壇してきました。
倫理では「心が先行する」と言っています。

つまり心の状態が言動や態度、表情に表れるということです。
その顕著なものに言葉があります。

「〜したいと思います」
「〜するよう努力します」

このような言葉は行動に結びつかないことが多いですね。

「〜したい」

は”夢づくりワード”と呼んでいますが、願望を描く際には有効です。
しかし、願望や希望といったものには、一種のあきらめも含まれて
しまっています。

そうなれたらいいけど…

という言葉につながっていきがち。

「努力します」

という言葉も同じです。
もっともらしく決意を表しているように聞こえますが、

「努力はするよ。でも結果が出るかどうかはわからないよ。」

と結果を出すことには消極的だと自分の脳が判断してしまっている
可能性があります。

ですからこの言葉も行動には結びつきにくい。

では、夢や目標の実現に向けた行動につながるには、
どのような言葉に変換すればいいのでしょうか?

「〜します!」
「〜しています!」

と断定的か現在進行形にするといいですね。
面白いことに、この言葉を使い出すと、脳が夢や目標に向けた行動を
引き出してきてくれます。

言葉の語尾に気をつけましょう!

以下ご案内です。

”幸せな成功者”を目指す「ハッピー・ブレイン・コーチング」
まずは無料体験セッションを受けてみて下さい。
お問い合わせフォーム

脳の機能を利用し、成功脳をつくるスーパーブレイントレーニング(SBT)
を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。
SBT講習の予定 → こちらからご確認下さい

金沢、福井でコーチングを学ぶなら
銀座コーチングスクール金沢校・福井校
無料体験講座 → 詳細、日程はこちらからどうぞ

社内研修や団体研修でも銀座コーチングスクールを開講できます。
出張でのクラス開講 → こちらからお問い合わせ下さい
また、ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご相談も受付けております。
こちらからお問合せ下さい。

また、ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演講師のご相談も受付けております。
こちらからお問合せ下さい。

|

« 夢に向かって進みたくなる《2,182本目》 | トップページ | 自信がないとき《2,184本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の語尾に気をつける《2,183本目》:

« 夢に向かって進みたくなる《2,182本目》 | トップページ | 自信がないとき《2,184本目》 »