« マイナス記憶を消したいとき《2,163本目》 | トップページ | 根気がないは本当か?《2,165本目》 »

経営者が社員に望んでいること《2,164本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

もっと経営感覚を持ってほしい

経営者が社員に対して望んでいることです。

コスト感覚を持つ
稼ぐ力を持つ

という意味合いだと思いますが、総じて

責任を持って仕事をする

ということを望んでいるのだろうと思います。

それに加えて飯山は、

自分経営

を推奨しています。
会社の経営と同じように、自分自身の経営を考えてみる。
「飯山株式会社」をどのように舵取りするのかということです。

将来どのような姿になっていたいのか
どれだけの収入(貯蓄)があればいいのか
そのために、今何をすればいいのか

といったことをPDCAサイクルで考えて実行する。
ただ、計画する人は多いですが実行に移す人は少ないですよね。

ここが大きなポイントでもあります。
実行するかしないか、差はどんどん広がっていきますからね。

ともあれ、結局社員が興味あるのは

会社のこと、お客様のこと

ではなくて、

自分(家族)のこと

なんですね。
これが本音です。

社員は、自分のなりたい姿に向かうために仕事をする
経営者は、会社でそれをどのように実現させてあげられるか

この接点を見つけていくことが大事なんだと思います。

以下はご案内です。

➤自分の取り組んでいることが本当にこれでいいのだろうか。
➤どんなふうにコミュニケーションを取っていけばいいのだろう。
➤自分や自分以外の人をやる気にさせるにはどうしたらいいのか。
➤伝えたいことがうまく言葉で表現できない。

こんな方は、飯山のサポートを受けて見ませんか?
自分の中で解決策を考えようと思っても堂々巡りになりがちです。
夢や目標を明確にしてワクワクしながら取り組めることを目指します!
まずは、無料コーチングサポートから。
こちらからお問合せ下さい。

銀座コーチングスクール(GCS)でコーチングを学ぶと、人を動かす方法が学べます。
無料体験講座を開催しています → 詳細、日程はこちらから

脳の機能を利用し、大脳生理学、心理学を応用したスーパーブレイントレーニング(SBT)を学ぶと実現力を飛躍的に向上することができます。
SBT講座につきましては、現在日程調整中です。

銀座コーチングスクール金沢校、福井校では、2名以上の受講者が集まればクラスを開講します。企業での開催も可能です。平日の夜、土日のうち1日のみで対応してほしいという要望にもお応えしていこうと思います。
こちらからお問合せ下さい。

ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演のご依頼をお待ちしてます。
こちらからお問合せ下さい。

|

« マイナス記憶を消したいとき《2,163本目》 | トップページ | 根気がないは本当か?《2,165本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営者が社員に望んでいること《2,164本目》:

« マイナス記憶を消したいとき《2,163本目》 | トップページ | 根気がないは本当か?《2,165本目》 »