« 自分ごととして捉えるには《2,124本目》 | トップページ | うつ病になりやすい人ってこんな人(かな)《2,126本目》 »

壁を乗り越えるために必要な2つのこと《2,125本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、
可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、
人財教育の飯山晄朗です(^^)b

自信がありません

という人がいます。
自信というのは、自己信頼のこと。
つまり、自分のことを信じられないということです。

この人は「できない自分」に常にフォーカスしてきたんだと思います。
また、周りからも「できない人」と思われているはずです。

では「できる人」はどうかというと、
根拠がなくても「自分はできる」と信じて取り組める。
当然、うまくいかないこともあると思いますが、
「必ずできる!やれる!」
と、時間がかかってもできるまでやる。あきらめない。
こんな人は、周りからも「できる人だ」と思われています。

違いは何かというと、実は、

できないのではなくて、できると思えないだけ。

思えないのであれば、思い続ける訓練をすればいいだけです。
結局は自分が思っているとおりに実現しているにすぎません。

何かを成そうとするとき、困難を乗り越えようとするときには、

『やる気』と『やり方』が必要です。

どちらも備わっているときは、実現性は高くなります。

やる気はあるが、やり方がわからない。
やり方はわかっているが、やる気が湧かない。

そんなときに、飯山のようなコーチが必要になるんですね。

以下はご案内です。

➤自分の取り組んでいることが本当にこれでいいのだろうか。
➤どんなふうにコミュニケーションを取っていけばいいのだろう。
➤自分や自分以外の人をやる気にさせるにはどうしたらいいのか。
➤伝えたいことがうまく言葉で表現できない。

こんな方は、飯山のサポートを受けて見ませんか?
自分の中で解決策を考えようと思っても堂々巡りになりがちです。
夢や目標を明確にしてワクワクしながら取り組めることを目指します!
まずは、無料コーチングサポートから。
こちらからお問合せ下さい。

銀座コーチングスクール(GCS)でコーチングを学ぶと、人を動かす方法が学べます。
脳の機能を利用し、大脳生理学、心理学を応用したスーパーブレイントレーニング(SBT)を学ぶと実現力を養成することができます。
そして、GCSとSBTのスキルを併せ持つと、人生が劇的に変わります!!

銀座コーチングスクール金沢校、福井校では、2名以上の受講者が集まればクラスを開講します。企業での開催も可能です。平日の夜、土日のうち1日のみで対応してほしいという要望にもお応えしていこうと思います。
こちらからお問合せ下さい。

ビジネス分野やメンタル分野の研修、講演のご依頼をお待ちしてます。
こちらからお問合せ下さい。

|

« 自分ごととして捉えるには《2,124本目》 | トップページ | うつ病になりやすい人ってこんな人(かな)《2,126本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13654/54444559

この記事へのトラックバック一覧です: 壁を乗り越えるために必要な2つのこと《2,125本目》:

« 自分ごととして捉えるには《2,124本目》 | トップページ | うつ病になりやすい人ってこんな人(かな)《2,126本目》 »