« プラス思考にならないワケ《2,098本目》 | トップページ | 欠点ではなく美点に目を向ける《2,100本目》 »

仕事が面白いと思ったことがない《2,099本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

製造業の組合主催の若手社員研修の講師を務めさせていただきました。
飯山はコーチングスタイルの研修なので、どんどん質問し受講者の方々と対話させていただきます。

1239

仕事が楽しいと思えるときはどんなときですか?

という質問を若手社員に問いかけたところ、
こんな答えが多く返ってきました。

「給与をもらえるとき」

おいおい、それは仕事か?
というツッコミを入れてしまいました。

また、

「仕事が面白いと思ったことがない」

という答えも案外多い。
こちらは大きな問題です。

若い人達が仕事を面白いと感じていないということよりも、
仕事の面白さを提供できていない会社、もっというと上司(社長)の問題です。

先ほどの「給与をもらえたとき」が楽しいと思えるというのも、結局のところ、仕事の面白さを提供できていないから、給与や休日のことにしか関心がなくなるのです。

もう少し質問してみました。

すると、やっぱり出てきました。

「ほめられるとうれしい」
「やったことが認められるとやる気が出る」

そうなんです。
職場の人間関係が一番の問題だったんです。

認め、ほめ合える職場の雰囲気づくりが”やる気の種”なんですね。
そのためには、相手の良いところを見つける目が必要です。放っておくと、つい至らない点、欠点ばかり見てしまいます。

また、上司や管理者が自分の仕事に対して誇りを持っていないといけません。自分が誇りを持って仕事をしていて初めて、部下にそのことを伝え、姿勢を見せることができます。こんな職場づくりをしていきたいですね。

今日もマイナス思考の若者達のスイッチを、プラス思考に切り替えることに成功。
嬉しいですね(^^)b

銀座コーチングスクール金沢校、福井校では、
3名以上の受講者が集まればクラスを開講します。
コーチングを学んでみたいという方は、お気軽にお問合せくださいね。
こちらからどうぞ

日本の笑顔は、地域の笑顔から!
地域の笑顔は、一人ひとりの笑顔から!

ということで、個人の夢・目標の実現支援を強化していこうと思います!!
潜在能力を引き出し、可能性を広げることにフォーカスしたコーチングを行います。脳のプログラムを書き換えてしまいましょう!
お問い合わせはお気軽に(^^)
こちらからどうぞ

企業や団体、スポーツチーム、部活動等で、
やる気を高めるコーチング、メンタルトレーニングの講演、研修の
ご依頼、お問い合わせはお気軽に(^^)
こちらからどうぞ

|

« プラス思考にならないワケ《2,098本目》 | トップページ | 欠点ではなく美点に目を向ける《2,100本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事が面白いと思ったことがない《2,099本目》:

« プラス思考にならないワケ《2,098本目》 | トップページ | 欠点ではなく美点に目を向ける《2,100本目》 »