« どの面を見ているかによって変わる《2,093本目》 | トップページ | 自分はどのように見られているか《2,095本目》 »

卓越した対話ができる人《2,094本目》

人と組織、チームの潜在能力を引き出し、可能性を広げるコーチング、ビジネス研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

銀座コーチングスクール福井校の第2期クラスAを開講!

コーチングで

人との関わり方を変えたい!
ついでに自分の人生も変えたい!

ということで、今回も向上心旺盛な方々が集まりました。
なんと、71歳の社長さんがいらっしゃいます(◎_◎;)
これまでの最高齢の方です。

あくなき向上心。

素晴らしいです。

1233

写真は、コーチングっぽくない絵ですが、
コーチングを学ぶ目的、コーチングスキルを修得した姿を描いていただいているところです。この後、この内容をもとにセッション(対話)を行いさらに深めていきます。

金沢校もそうですが、福井校でもクラスの中で使ってはいけないNGワードを決めさせていただいています。

普段使っている言葉が私たちの生活に影響を与えています。
これは顕在意識と潜在意識の話になるのですが、長くなるのでここでは触れずにおきますが、自分の口癖を見直す上でもいい機会となります。

今日は初日とあって、ちょっと気を抜くとNGワードの連発(^^;
普段からどれだけこのマイナス言葉を口にしているかと考えたら恐ろしくなりますね。

コーチングは言葉を操ります。
卓越した対話ができる人のことをコーチと呼ぶわけです。
コーチングを日本語で表現すると、「卓越対話術」とでもいいましょうか。

ですから、どのような言葉を使うか、相手にどのような言葉をインプットさせるかはとても重要だと飯山は考えています。

日本の笑顔は、地域の笑顔から!
地域の笑顔は、一人ひとりの笑顔から!

ということで、個人の夢・目標の実現支援を強化していこうと思います!!
潜在能力を引き出し、可能性を広げることにフォーカスしたコーチングを行います。脳のプログラムを書き換えてしまいましょう!
お問い合わせはこちらまで。お気軽にどうぞ(^^)

企業や団体、スポーツチーム、部活動等で、
やる気を高めるコーチング、メンタルトレーニングの講演、研修の
ご依頼、お問い合わせはこちらまでお願いします。

|

« どの面を見ているかによって変わる《2,093本目》 | トップページ | 自分はどのように見られているか《2,095本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卓越した対話ができる人《2,094本目》:

« どの面を見ているかによって変わる《2,093本目》 | トップページ | 自分はどのように見られているか《2,095本目》 »