« 見えるようになるまで考えぬく《2,014本目》 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏が残したとっておきの言葉《2,016本目》 »

日本一勇気を与える男《2,015本目》

皆さん、ガッツだしてますか!!
人と企業の成長を加速させるコーチング、ビジネス研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

コーチは話を聴く時、クライアントの話の内容を頭の中でイメージしながら聴くトレーニングを行います。
このように話を聴くことで、相手が描いているイメージを共有します。

これができると、弱音を吐いて、マイナス思考になっているクライアントに対して、フィードバックというスキルを用いて、プラスイメージを与えることができるようになります。

コーチが見えているクライアントの明るい未来を、あたかもその姿を未来で見てきたかのように、臨場感をもって伝えるのです。

111121

実は、そのときもう一つ大切なことがあります。

それは、

確信をもって伝える

ということです。
コーチが疑心暗鬼だと、言葉に力が込められません。
当然、クライアントも自分の未来が不安になります。

コーチがクライアントに不安を与えてしまうと、クライアントは前に進むことができなくなります。

コーチが与えるのは、不安ではなく”勇気”です。

何事も考えているだけでは何も変わりません。
行動を起こして初めて何かが動き出します。

行動を奮い立たせるのは勇気です。
飯山は、ガッツという名前のとおり、

日本一勇気を与える男

を目指し続けます!!

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 見えるようになるまで考えぬく《2,014本目》 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏が残したとっておきの言葉《2,016本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本一勇気を与える男《2,015本目》:

« 見えるようになるまで考えぬく《2,014本目》 | トップページ | スティーブ・ジョブズ氏が残したとっておきの言葉《2,016本目》 »