« 決めたら風が吹いた《1993本目》 | トップページ | 一世紀を生き抜く《1996本目》 »

経営者として一番大切なこと《1994本目》

皆さん、ガッツだしてますか!!
人と企業の成長を加速させるコーチング、ビジネス研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

午前中は、昨日に引き続き身体精密検査。
昨日の超音波(腹部、心臓)、胃カメラ、負荷心電図に続いて、今日はMRI検査と診察を行いました。

これで、体調不良の原因も明確になりました。
良かったです(^^)
後厄の年回りなので、これぐらいは想定内です。

午後から、経営者へのコーチング、新規事業の打ち合わせを行い、夕方から、JAの商品化相談の対応をして、農業法人等を対象とした農商工連携、農業6次産業化研修を行いました。

111027

経営者にとって一番大切なことは何ですか?

皆さんはこの質問にどのように答えるでしょうか。

売上や利益をつくる才覚
人を巻き込む影響力
金銭感覚
アイデアの発想力
コミュニケーション能力
           等々

どれも大切ですよね(^^;

でも、一番たいせつなこと、といえばやっぱりコレでしょう。

健康な身体

先に列挙したことも大切ですが、すべては健康な身体があってこそ。

ここでもうひと踏ん張り!

という精神力も体力があればこそ可能です。

中小企業は、大手企業と違って経営者の状態が経営に大きく影響します。
経営者が病床につけば、すぐに業績が悪くなってしまいます。もちろん銀行等も手のひらを返したように対応を変えてくるでしょう。

中小企業の経営者は、代わりが効かないんですね。
もちろん家族にも直接的な影響が出てしまいます。

今回の身体の不調、そして精密検査を通して改めて感じました。

健康でタフな身体を維持するために、何を習慣にしますか。

飯山は、まず夕食を腹7分目にすることにします。

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 決めたら風が吹いた《1993本目》 | トップページ | 一世紀を生き抜く《1996本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経営者として一番大切なこと《1994本目》:

« 決めたら風が吹いた《1993本目》 | トップページ | 一世紀を生き抜く《1996本目》 »