« その目標が実現できないわけ《1979本目》 | トップページ | 将来の自分はこうしてつくる《1981本目》 »

信じるのは今のその人ではない《1980本目》

皆さん、ガッツだしてますか!!
人と企業の成長を加速させる研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

午前中、スポーツインストラクター等を目指す方々へのコーチングの講義と演習を行いました。今回4コマいただいていたんですが、今日はその最終講となります。

受講生の皆さんから「これで最後の講義というのはさみしい」という声が出てきて、私もすごく感慨深いものがありました。そこで受講生との対話を中心とした内容にして、体験談などお話をさせていただきました。

主催者側からも「受講生がみんな飯山さんの講義が楽しみでしかたがないと言ってるんです」という話を聞いていたので、心の準備はできてたつもりでしたが...
講義の最後に、受講生の皆さんから手紙をいただいたときには感動してその場で泣きそうになってしまいました。

こんな素敵なご縁をいただけてことに本当に感謝です。

午後から打ち合わせを行い、夜は、いしかわ農業人材機構の農商工連携研修のゴールセッティングの講義。
受講対象のグループが3つあるので、同じ内容の講義を週に3日続け、それが12月まで行われるというカリキュラムになっています。

11106

コーチングにおいて、最も大切なことは「相手を信頼する」というコーチングマインドです。この心構えがないと、相手との信頼関係が築けません。信頼関係のない間柄ではコーチングは機能しません。

しかし、相手を信頼するということは結構難しいことだったりします。
そうなると、相手からも信頼されませんからコーチングすることが難しくなります。これでは困るわけです。

ではここで、相手を信頼するコツをお教えしましょう。

”今の”その人を信頼できる、信頼できないという判断をするのではなく、

その人の”将来の可能性”を信頼するということです。

今のその人を見たら、信頼することは難しく感じるかもしれません。しかし、その人の可能性まで否定することはできないはず。

すべての人は無限の可能性を持っています。
たまたま、まだその可能性に気がついていないだけかもしれません。

その可能性を信じて、「あなたなら、きっとできる」というメッセージを送り続け、その人がなりたい姿になるためのサポートしていく、これがコーチングです。

こんな関わり方ができる人のことを「コーチ」を呼びます。
あなたもコーチになってみませんか?

銀座コーチングスクール金沢校、福井校では、このような関わり方ができるコーチを育成しています。

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« その目標が実現できないわけ《1979本目》 | トップページ | 将来の自分はこうしてつくる《1981本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じるのは今のその人ではない《1980本目》:

« その目標が実現できないわけ《1979本目》 | トップページ | 将来の自分はこうしてつくる《1981本目》 »