« 自分自身と向き合う時間はとても有効な自己投資《1977本目》 | トップページ | その目標が実現できないわけ《1979本目》 »

方針は具体的に行動できるレベルで表現する《1978本目》

皆さん、こんにちは!
人と企業の成長を加速させる研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

今日は、午前中、営業マンのパーソナルコーチングセッション。
お昼はランチしながら経営者、担当者へのコーチングセッション。
午後からは、別の会社の新規事業の企画立案をテーマに経営者、担当者へのコーチングセッション。

夜は、いしかわ農業人材機構主の農商工連携研修です。飯山はこの研修全体の研修コーディネーターとしての立場、そして講師の立場で関わらせていただいています。今日から後半戦スタート。これから12月までビジネスプランづくりに向けた講義と実習を進めていきます。

今日は、農業の後継者を対象としたスキルアップコースでの講義を行いました。テーマは「ゴールセッティング&セルフマネジメント」です。
その後、経営委戦略全般についての講義も行われました。

11104

ランチを交えてのコーチングセッションでは、下期の経営方針説明会に向けた話し合いを行いました。

方針説明会の目的は、

経営者のかっこいい話を聞いてくれればいい

のではなく、

全社員が方針を理解して、そのとおり行動してくれる

ことですよね。

そのためには、どのような言葉で伝えたらいいのか。
「伝える」のではなく「伝わる」ためにはどのように表現したらいいだろうか。

このことを考えていただきました。
すると、出てきました。とってもナイスな表現が(^^)

曖昧な方針ではなく、具体的に行動できる明確な方針です。
そして、経営方針にストーリーが生まれました。

我が社は◯◯業である

と明文化し、NO.1になるための行動を、顧客の視点、仕事(プロセス)の視点、組織の視点、個人の視点の4つで表現していきました。

一気に、経営方針説明会が待ち遠しくなりました。
もちろん飯山も出席します。楽しみ~♫

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 自分自身と向き合う時間はとても有効な自己投資《1977本目》 | トップページ | その目標が実現できないわけ《1979本目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 方針は具体的に行動できるレベルで表現する《1978本目》:

« 自分自身と向き合う時間はとても有効な自己投資《1977本目》 | トップページ | その目標が実現できないわけ《1979本目》 »