« 新たな取り組みに抵抗感を示す人には | トップページ | 最強のプラス思考をつくる! »

「できないかも」を「できるかも」に変える

皆さん、こんにちは!
人と企業の成長を加速させる研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

今日は、敦賀に移動して、敦賀商工会議所での経営アドバイザーとしての仕事。

経営指導員の職員さんから、

「近くに競合店ができ、売上が下がってきてネガティブになっています。これまで何度か専門家の方を連れて行きましたが、効果がなくて…」

というお話を聞きました。
飯山が最後の砦となったようです。

11914

店主の話を聞いていると、完全にマイナス思考に入っているのがわかります。

「どうせ...」
「難しい...」
「なかなかねぇ...」

マイナス言葉の連発です。

このような場合、どれだけ提案しても押し付けがましくなるだけ。
まずは、マイナス思考から脱却させなくてはいけません。

「できないかも」を「できるかも」

に変えることが必要です。

まずは、コーチングスキルの認めること、聴くことをしっかり行い、ラポール(信頼関係)を築くことに集中します。

それから、いくつかの質問で徐々に本音を引き出していきます。

「実は…」

という言葉が出てきたら、身を乗り出すようにして聴く姿勢を見せます。そうすると、本音の部分が見えてきます。

本当は芯のある、軸のぶれない方だったんです。
ただ、何をしてもだめだという思考になっていただけなんですね。

ラポールが築ければ、後はスムーズです。
簡単にできて効果があると思われることを提案し、それを実行していただくだけです。

「よっしゃ、やってみるか!」

店主が膝をポンと叩きながら言いました。
この店主なら必ず結果を出してくれるでしょう。

「短時間で店主の顔色が変わりましたね。流石です。」

経営指導員さんから嬉しいフィードバックがありました。
この瞬間のために仕事してるんだよね。

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 新たな取り組みに抵抗感を示す人には | トップページ | 最強のプラス思考をつくる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「できないかも」を「できるかも」に変える:

« 新たな取り組みに抵抗感を示す人には | トップページ | 最強のプラス思考をつくる! »