« モチベーションを高める5つの要因 | トップページ | タイムマネジメントの要諦は選択と集中 »

時間がないという妄想

皆さん、こんにちは!
人と企業の成長を加速させる研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

厚生労働省基金訓練として、スポーツ施設等で働くインストラクターを育成する事業に、メンタル面の指導員として関わることになりました。

入所式に参加したのですが、希望に燃えた受講者の皆さんの顔を見ていると、こっちも背筋がピンと伸びますね。

1191

時間がないので…

目標があり、それを実現したいと考えているのですが、
こう言って行動できないことを正当化している人がいます。

そんなとき「そう思うのは気のせいだ」と説明します。

この地球上ですべての人に平等に与えられているもの

それは、

24時間という時間です。

この24時間をどう使うかは、自分でしか決められません。

研修や講演等でこの話をすると、

「勤めているのでどうしても自由にならない時間があります」

という意見が出ます。

もちろん、会社に勤めている時間は拘束されているといえるかもしれません。

それでも、そうしているのは自分です。
自分で決めてその会社に勤めているわけだし、今この時間、自分はこれをしていると自分で決めてやっているはずです。

ここで言いたいことは、
こうなりたい、こうしたい、こうなっていたらいいな、という思いがあって、目標を設定して取り組もうと決めたのに、時間がないという理由で行動できていないということは、その思いは所詮その程度だということ。

実現できなくても仕方ない
どうせ自分の人生はこんなもん

とあきらめている。

実にもったいない。

本当に時間がないのかな?
時間の使い方、タイムマネジメントについて見直してみよう!

ポイントは、重要度と緊急度です。

続く...

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« モチベーションを高める5つの要因 | トップページ | タイムマネジメントの要諦は選択と集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間がないという妄想:

« モチベーションを高める5つの要因 | トップページ | タイムマネジメントの要諦は選択と集中 »