« どんな状況下でも脳を最高の状態に | トップページ | 時間がないという妄想 »

モチベーションを高める5つの要因

皆さん、こんにちは!
人と企業の成長を加速させる研修、人材教育の飯山晄朗です(^^)b

銀座コーチングスクール福井校のクラスDが修了しました。
福井県にコーチングの風を吹かせようと5月にスタート。第1期生の皆さんが、プロコーチとしての第一歩を歩み始めました。

クラスDは、コーチングを行うコーチとなるために、自分と向き合っていただきます。コーチングで最も重要な『自己基盤』を拡充する作業を行っていきます。

受講生の皆さんは、それぞれに大きな気づきと変化を感じたようで、これからのコーチングの活用についてどんどん夢を膨らませていました。

11828

脳が喜びを感じて、脳内ホルモンを分泌する”刺激”は5つあります。

達成感
承認欲求
仕事への誇り
責任感や使命感
昇進や自己成長

この5つを心理学では、モチベーションを高める動機づけ要因と呼んでいます。

この5つがあると脳の感情のスイッチである扁桃核が『快』の状態になる。つまりワクワク脳になるというこことです。

目標実現した自分の姿(できちゃった状態)を思い浮かべてみる。
すると、そこには自分以外にも家族や友人、社員や取引先など、多くの方から祝福される姿も...

このようなイメージは、感情の脳に、

人の役に立っている
仕事そのものへの誇り
社会に認められているという承認感

を感じて、扁桃核が『快』になります。

さらに、誰がどんなふうに喜んでいるかということを、さらにイメージを明確にしていくと、自分は誰を喜ばせるために頑張っているのかという『責任感、使命感』も感じるようになります。

これこそが、本当に得たいこと、つまり”目標実現によって得たい感情”になります。

そしてこの感情が、何のために、誰のために頑張るのか、という目的の明確化につながっていきます。

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« どんな状況下でも脳を最高の状態に | トップページ | 時間がないという妄想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチベーションを高める5つの要因:

« どんな状況下でも脳を最高の状態に | トップページ | 時間がないという妄想 »