« IT化の進展によって失われたもの | トップページ | ブランディングは成功している!? »

将来イメージが変わると行動が変わる

石川県中小企業団体中央会の後継者を中心とした部会である、青年中央会主催の人材養成塾「将来の望む結果を手に入れるバランスアップセミナー」が全4回で開催されます。
昨年度に引き続き、今年度の人材養成塾も飯山がすべての講義を担当します。

今日は第1講を開催。「将来イメージをつくる」というテーマで、脳の仕組みと機能についてスーパーブレイントレーニング(SBT)の理論をご紹介して、その後コーチング手法を用いて、ゴールセッティングのワークショップを行いました。

1185_2

脳の仕組みと機能、脳を活性化させるルールがわかると、誰でも簡単にモチベーションを向上させたり、望む結果をつくれるようになります。もちろん実践することが条件ですけどね。

今日は、普段使わないような脳を使ったので、多少お疲れモードになったと思いますが、皆さんから「すごくためになった」「今後を考えるいいきっかけになった」というポジティブな感想をいただき、3時間の講義の疲れも吹っ飛びました!

冒頭に、原因と結果の法則について簡単にお話をさせていただきました。

「今の自分をどう思っていますか」

今の自分は、過去の自分が考えてきた、行動してきた通りの自分になっている。つまり過去の自分が思ったとおりの自分になっているということです。

「所詮、この程度だろう」

と思って行動してきたら、当然その程度の自分になっているはず。

すべての結果にはそこに至るまでの原因があり、将来の結果を変えたければ、今という原因を変えていくことが必要になります。
将来イメージ(望む結果)が変わり感情がワクワクすると、今からの行動が変わります。

最後に、

「自分の将来をイメージしてみてワクワクした人は?」

と挙手を促すと、全員が手を挙げてくれました(^^)

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« IT化の進展によって失われたもの | トップページ | ブランディングは成功している!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将来イメージが変わると行動が変わる:

« IT化の進展によって失われたもの | トップページ | ブランディングは成功している!? »