« 新たな視点を与えてくれる存在 | トップページ | 常識の枠を超えられないのは勇気がないだけ »

醸し出す雰囲気は心の状態を表す

皆さん、こんにちは!

人と企業の成長を加速させる
ビジネスコーチングのプロフェッショナル 飯山晄朗です。

金沢商業高校の初陣。

あっけない幕切れ。
今年の夏は終わりました。

シードで2回戦からの試合。
相手は昨秋の準優勝校。
厳しい試合になることは予想されてました。

簡単に打たれるはずのない投手が打たれ、
いつでも点がとれるはずの打線は湿りっぱなし。

完全に負けパターンにはまってしまいました。
春以降、練習試合でも負け知らずで、他地区の優勝校とも五分に渡り合える力をつけました。

11721

どことやっても勝てる

そんな雰囲気がチーム全体にあったかもしれません。
本来これはいいことのはず。その上で一つひとつのプレーをしっかりこなせばいいのですが、恐いのはこれが”慢心”になった場合。

実は、試合前のシートノックに”それ”が現れてました。
捕球、送球等プレー全体に確実性が欠けているなぁと思うプレーがチラホラ。
やっぱり試合ではエラーが勝敗を分けました。

また、先の女子サッカーワールドカップ決勝のPKでは、アメリカの選手は”外す”雰囲気があり、日本の選手は”決める”雰囲気を漂わせていました。

今回、これと同じ雰囲気を感じました。
打席に入る選手達が”打てない”雰囲気を漂わせている。
逆に相手校の選手は”打てる”雰囲気がある。ピッチャーはどこ投げても打たれる気がしてたんじゃないかな。

「こんなはずでは・・・」から「もしかしたら負けるかも」に変わる。脳がこの「かも」に支配されてしまったら絶対に勝てません。

メンタルトレーニングが必要です。
私もサポートしていければと思っています。

これから息子達1、2年生にとっては厳しい夏が待っているかとも思いますが、彼らが新たな歴史をつくっていってくれるでしょう。

さて、私の頭の中の半分ほど高校野球に占められていたので、これから仕事モード全快でがんばっていきます!

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 新たな視点を与えてくれる存在 | トップページ | 常識の枠を超えられないのは勇気がないだけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醸し出す雰囲気は心の状態を表す:

« 新たな視点を与えてくれる存在 | トップページ | 常識の枠を超えられないのは勇気がないだけ »