« 銀座コーチングスクールのクラス講師を終えて、息子の練習をちら見。 | トップページ | 抽象的表現が並んだ計画書はやらない証拠 »

現実としっかり向き合うことで本気の経営ができる

皆さん、こんにちは!

人と企業の成長を加速させる
中小企業のビジネスコーチ 飯山晄朗です。

3日の夜から4日にかけて、息子の県立合格を祝して、両方の祖父母と一緒に山中温泉に行ってきました。以前から予約してあったんですが、さすがにキャンセルすることも考えました。しかし自粛ばかりでは、いいことは何もない!と思い、決行することに。

11441

私と息子は仕事もあるので別行動。息子の練習を終えてから、1時間かけて山中温泉へ。旅館に到着したのは19時30分を過ぎてました。

翌日は、私と息子と娘は5時30分に起床。6時過ぎに旅館を出発。朝食を食べることができなかったのは残念。写真は、翌朝に客室の窓から撮影。

まずは、息子の高校の練習場へ向かい、その後、娘も部活のため中学校に送り、私は一旦自宅に戻ってから仕事へGO!

午後から顧問先の役員会に参加。
13時から21時までの長丁場となった。

前期の実績と評価を行い、今期の計画の最終の詰めを行う。
営業部門と開発部門、そして管理部門それぞれの立場での主張と改善提案、今期の計画内容について精査していき、全社での通信会議の内容を確認していく。

今まで、頭の片隅にあってなかなか切り出せないこと、当社における”パンドラの箱”に目を向けるように促しました。案の定、「薄々気がついていたけど・・・」という雰囲気。

臭いものに蓋をして、見て見ぬ振りをして、表面上の戦略計画をつくっていても意味はない。

一度、現実としっかりと向き合った上で、「いま、本当に必要なことは何か?」を考え抜く。そうすることで、本気の経営ができる。

変革を起こし、未来を変えたいという個人、経営者、後継者の皆様からのご依頼を楽しみにお待ちしています(^^)

中小企業の経営者の皆さん
あなたの会社のパンドラの箱は何ですか?

実現力を養成して、望む結果を実現しましょう!

|

« 銀座コーチングスクールのクラス講師を終えて、息子の練習をちら見。 | トップページ | 抽象的表現が並んだ計画書はやらない証拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実としっかり向き合うことで本気の経営ができる:

« 銀座コーチングスクールのクラス講師を終えて、息子の練習をちら見。 | トップページ | 抽象的表現が並んだ計画書はやらない証拠 »