« 午前の研修から始まり、夜中まで続いた経営アドバイスマラソンはなかなかない経験 | トップページ | 起業や新規事業では事業への意欲”本気度”が評価や実績に大きく影響する »

人と関わっているときの自分の”あり方”がどうなっているか

皆さん、こんにちは!

人と企業の成長をサポートする
中小企業専門のビジネスコーチ 飯山晄朗です。

日本コーチ協会日本海チャプター石川ブロックの2月勉強会を開催。

今回のテーマは「自身のあり方」。
ちょっと難しいテーマですが、『人と関わるときの向き合い方』と表現したほうがいいかな。

説明のあとは、早速体験ワークを行いました。

コーチングでは、相手を承認することが一番重要なポイントなのですが、本当に心から相手を受けとめているのか?
ということを自問自答すると…

相手を認めることがきちんとできていないと、先入観や思い込みが入り、相手の話を集中して聴くこともできなくなります。

このことを、身体を使ってまずは体感し、その後セッションで深めていきました。

セッションのテーマは、

やりたいと思っているけどできないこと

これはコーチングのテーマとしてつかわれやすいテーマです。

特に、本心を引き出す”魔法の質問”は、本当に魔法でした。

「あなたが今ついているウソは何ですか?」
「あなたが今言い訳を言っているとしたらそれは何ですか?」

日本海チャプター石川ブロックでは、毎月第2水曜日の19:00から、ITビジネスプラザ武蔵でコーチングの勉強会を開催しています。コーチングを学んだことがない方も参加できますので、お気軽にお越し下さいね。

変革を起こし、未来を変えたいという個人、経営者、後継者の皆様からのご依頼を楽しみにお待ちしています(^^)

中小企業の経営者の皆さん
あなたならどう答えますか?

望む結果を実現しましょう!

|

« 午前の研修から始まり、夜中まで続いた経営アドバイスマラソンはなかなかない経験 | トップページ | 起業や新規事業では事業への意欲”本気度”が評価や実績に大きく影響する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人と関わっているときの自分の”あり方”がどうなっているか:

« 午前の研修から始まり、夜中まで続いた経営アドバイスマラソンはなかなかない経験 | トップページ | 起業や新規事業では事業への意欲”本気度”が評価や実績に大きく影響する »