« ”効率”は売り手の発想、お客視点で考えれば非効率を目指そう | トップページ | 今よりも少しだけ創造的に仕事をするとしたら、具体的にどのようにしますか? »

リスクを避けようと変化を拒むことが、逆にリスクを生むことになる

皆さん、こんにちは!

人と企業の成長をサポートする
中小企業経営コーチの飯山晄朗です。

顧客企業の役員会に出席。
取り組んでいる新規事業の可否を判断すること、そして、この事業を今後どのようにして発展させるか、白熱した議論がなされ、気がついたら6時間が経っていました。

今のまま、このままでいい

このような現状維持を選択することもあります。
この背景には「できるだけリスクを回避したい」という思いがあるわけですが、新たな取り組み等の変化を避けて、中途半端な活動を行っていると「思うような結果が出ない」というリスクが発生します。

本業を追求する

ということももちろんOKなのですが、それにしてもこれまでと同じ考え方、やり方では、今後のビジョンが見えてこないというのも現実です。環境は丸っきり変わりましたからね。
以前のように「こうすればこうなる」ということが言えない時代になりました。やってみないと結果はわからない、ということです。

あれこれ考えて立ち止まっているより、行動してみること。
分析や調査ばかりして行動しないうちにタイミングを逸してしまうことにならないように...。

1116

飯山があれこれ考える場所はカフェです。
ちょっとざわついているほうが、なぜか集中できるので不思議です。

中小企業の経営者の皆さん
具体的な行動を決めて実際に行動してますか?

望む結果を実現しましょう!

★銀座コーチングスクール金沢校第12期1月開講!☆
1月15(土)10:00−16:00
詳細、お申し込みはこちらから


|

« ”効率”は売り手の発想、お客視点で考えれば非効率を目指そう | トップページ | 今よりも少しだけ創造的に仕事をするとしたら、具体的にどのようにしますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスクを避けようと変化を拒むことが、逆にリスクを生むことになる:

« ”効率”は売り手の発想、お客視点で考えれば非効率を目指そう | トップページ | 今よりも少しだけ創造的に仕事をするとしたら、具体的にどのようにしますか? »