« プロコーチの仕事は質問するばかりではない。対象者(クライアント)の学習と成長をサポートすることにある | トップページ | コーチングを学ぶことは車の運転やパソコンと同じで学んだだけでは使えない »

「なんとかなる」ではなく「なんとかする」こと。そのために学びを実践にする力を養う

皆さん、こんにちは!

人と企業の成長をサポートする
中小企業専門のビジネスコーチ 飯山晄朗です。

早朝から小松の企業で幹部研修の実施。これまで経営分析から戦略、そして財務分析の研修を行っています。これからは、目標実現力、リーダーシップ、コミュニケーション、プレゼンテーションのテーマで行っていきます。
単に勉強するだけではなく、皆でディスカッションしながら実際の仕事に落とし込んで考えていただいているのが飯山の研修の特徴です。

午後から金沢に戻りエグゼクティブコーチング。経営者とのパーソナルセッションです。会社の課題への取り組み方、今後の方向性についてセッションで深めていきます。

夕方から七尾に移動。七尾港の食祭市場で、中小企業団体中央会主催の青年経営者等地区別人材養成塾の講師として登壇。『目標実現のための思考力』というテーマでお話をさせていただきました。

11128

なんとかなる

こういう雰囲気が会社に蔓延しているのは危険信号です。
なんともなりませんからね。そのうちに会社がなくなるということになってしまいます。

なんとかする

ことが必要なんですね。
まずは、本気でそう思って行動に移すこと。
戦略だ、マーケティングだ、と学んだことを自慢しているよりも具体的な行動を起こすことが重要です。

こんな時代ですから、研修が盛んに行われています。
研修を実施することで満足している経営者の方も多いと思います。まさに研修会社の思うつぼ(そういう飯山も研修をしていますが)。

学びを実践に変える

そのためには、必ず”考える”というプロセスが必要です。
学んだことを実際の行動に移すために、何をどうすればいいのか、具体的に何を変えれば望む結果につながるのか、ということを考え行動を起こします。そして、その行動を評価、フォローすることも重要なポイントですね。

変革を起こし、未来を変えたいという個人、経営者、後継者の皆様からのご依頼を楽しみにお待ちしています(^^)

中小企業の経営者の皆さん
現状を打破するために、今すぐできる行動は何ですか?

望む結果を実現しましょう!


|

« プロコーチの仕事は質問するばかりではない。対象者(クライアント)の学習と成長をサポートすることにある | トップページ | コーチングを学ぶことは車の運転やパソコンと同じで学んだだけでは使えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なんとかなる」ではなく「なんとかする」こと。そのために学びを実践にする力を養う:

« プロコーチの仕事は質問するばかりではない。対象者(クライアント)の学習と成長をサポートすることにある | トップページ | コーチングを学ぶことは車の運転やパソコンと同じで学んだだけでは使えない »