« 初体験! | トップページ | プロとしての姿勢 »

ビジョンを描くこと

皆さん、こんにちは!!
人と企業の成長をサポートする
中小企業経営コーチの飯山晄朗です。

コーチングセッションを実施。

「自分の今後の方向性を見つけたい」

という20代女性のクライアントさんです。
人のニーズには葛藤があるというお話しをさせていただ
き、自分はどこのニーズで葛藤が起きているのかを考え
てもらいました。

そんな中で、自分の葛藤の箇所が明確になり、具体的な
要因(課題も見えてきました。
あとは、その課題の解決策を考えていくことになります。

101113_3

飯山のコーチングは、”将来が見える”ことに重点を置
いています。人は先が見えないものに対して積極的な行
動を起こしにくいものです。

だから、将来像(ビジョン)が見えるように、その状態
が具体的にイメージできるようにコーチングしていきま
す。

飯山のコーチとしての強みは、おそらくこの「ビジョン
を描く力」なんだろうなぁと思っています。はい。

ビジョンが描け、そのビジョンに近づきたい!という感
情が強ければ強いほど、行動は加速されていきます。

コーチは、その加速装置に点火します。
その後は、一緒に伴走しながら、励まし、勇気づけ、悩
みを聴き一緒に解決策を考えていきます。

中小企業の経営者の皆さん
自分のコーチを持っていますか?

望む結果を実現しましょう!

|

« 初体験! | トップページ | プロとしての姿勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジョンを描くこと:

« 初体験! | トップページ | プロとしての姿勢 »