« 自己主張できるかどうかの鍵は | トップページ | コーチングスクールでは視点の移動を学べる »

相談を受ける姿勢が大切

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業経営コーチ
を目指している飯山晄朗です!

相談を受けたとき
コーチングのセッションを行うとき
話をする場づくりが大切

「ちょっと相談があるんですけど....」

例えば、職場で部下からこのように
相談持ちかけられたとき
どのような対応をとるのがいいのか

まず
メール等何かをしているのであれば
その手を止めて、相手に顔を向ける

そして
「ここで話をしても良い内容か?」
「場所を変えたほうが良いか?」
と尋ねる

場所を変えたほうが良いなら
どこか落ち着いて話せる場所へ移動する
もしくは、時間と場所を変えることも

このような初動対応をとると
「ちゃんと話を聴いてくれる」
という安心感が生まれる

場づくりとは何でも話せる
”安心感”を築くことである

飯山が経営の相談等に乗るとき
また、セッションで使う手は
食事をしながら行うというもの

食事をしながらだと
リラックスした雰囲気で話ができる
場所を変える効果もある
もちろん食事だけではなく
お茶しながらということもある

食事でよく使うのが
金沢市の和風中華「招龍亭」
大きなフロアで適度に離されたテーブル配置
話をしていても隣のテーブルは気にならない
もちろん雰囲気もあり、料理もおいしい

10318

中国の楽器「二胡」の演奏もある
もちろん中国のプロ奏者の演奏だ

中小企業の経営者の皆さん
社員から相談を受ける姿勢はどうですか?

|

« 自己主張できるかどうかの鍵は | トップページ | コーチングスクールでは視点の移動を学べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相談を受ける姿勢が大切:

« 自己主張できるかどうかの鍵は | トップページ | コーチングスクールでは視点の移動を学べる »