« 相談を受ける姿勢が大切 | トップページ | 金沢ボーイズは全員野球で突き進む »

コーチングスクールでは視点の移動を学べる

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業経営コーチ
を目指している飯山晄朗です!

コーチングセッションをやっていると
必ず”壁”に遭遇する

ここでいう”壁”とは
この後どうセッションを進めていけばいいのか
わからないという状態に陥ること

クライアントの話が堂々巡りしてしまう
「答えはあなたの中にある」ということばかり繰り返し
結局コーチとしての信頼を落としてしまった
何を質問したらいいのかわからなくなった
....

こんなときはどうしたらいいのだろうか

コーチは”気づき”を引き出すプロフェッショナル
その妙技の秘密は視点の移動にある

コーチはクライアントの視点を
自在に移動させることができる
そしてクライアントに気づきを提供する

今日は銀座コーチングスクール(GCS)金沢校の
クラスCを開催

クラスCでは
クライアントの視点を自在に移動させる技術を学ぶ

昨日は経営相談を2件こなし
夜は「うさぎ」で倫理法人会のメンバーと
楽しいもつ鍋パーティ

10320

帰宅はすっかり日付が変わった後
こんなに楽しいお酒は久しぶり♪

中小企業の経営者の皆さん
固定概念で凝り固まっていませんか?

|

« 相談を受ける姿勢が大切 | トップページ | 金沢ボーイズは全員野球で突き進む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーチングスクールでは視点の移動を学べる:

« 相談を受ける姿勢が大切 | トップページ | 金沢ボーイズは全員野球で突き進む »