« 不満と不安は違う | トップページ | ありたい姿に向けた階段をつくる »

「働く」の6段階のレベル

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業経営コーチ
を目指している飯山晄朗です!

「働く」

には6段階のレベル
があるという

まずは「強制、我慢」
文字どおり強制されて
我慢しながら働くこと
これは最も低いレベル

その上は「惰性、打算」
これだけやったから
これだけの給料をくれ
休日に働いたから振替休日をくれ
というような要求ばかりする
「なんで自分ばっかり・・」
なんてセリフが出る

その上は「頑張り」
他人を励ます意味では良いが
自分に対して頑張れだけだと
どこかで折れてしまう
成功すると図に乗り
失敗すると落胆する

ここまでは通常のレベル

ここから先は倫理の世界

まずは「喜働」
働きそのものが喜びとなる状態
これは素晴らしい

その上に「熱愛」
働かずにはいられない状態
働きが楽しくてしかたながない

最上は「遊働一致」
遊びと働きが一致している状態
新しいものを創造できるレベル
過去の発明はこうした境地から
生まれる

こんな勉強をさせていただき
終了後においしい夕食

10217

兼六園、金沢城そばの
兼六城下町ホテル兼六

海鮮どんぶりは超久しぶり

中小企業の経営者の皆さん
人間学の勉強してますか?

|

« 不満と不安は違う | トップページ | ありたい姿に向けた階段をつくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「働く」の6段階のレベル:

« 不満と不安は違う | トップページ | ありたい姿に向けた階段をつくる »