« 問題提起や戦略提案の前に | トップページ | 食事をしながら話す効用 »

「心」が真ん中にある

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業経営コーチ
を目指している飯山晄朗です!

社員、特に幹部社員と
なかなか意思疎通ができない

という経営者が多い
自分の意思がうまく伝わらない
という

そんなときは

「そもそも何を伝えたいのか?」

と自らに問いかけてほしい
言いたいことがいっぱいあって
すべてを伝えようとしていることが多い

一度に多くのことを言われても
頭に残るはずがない

「真剣に聴いてないからだ」

という経営者もいるが
自分に置き換えてみたら
どうだろうか

もっというと
よくよく話を聴くと
”知識”を伝えようとしている
ことが多い

セミナーや書籍等で得た知識を
一生懸命伝えようとしている

これでは社員の心に届かない

”知識”ではなく”体験”から得た
考えを伝えるようにしたい

こうすると話に”心”が入る

金沢の繁華街、片町のちゃんこ料理店
元関取が包丁を握っている

奥座敷には真ん中に”心”
と書かれた力士の手形が
壁に掛けてある

1029

やはり”心”が真ん中である

「上」という漢字は3画
「下」という漢字は3画
「右」という漢字は5画
「左」という漢字は5画
「中」という漢字は4画

誰が考えたかわからないが
すごいですね

そして「心」も4画
まさに「中心」である

中小企業の経営者の皆さん
”心”を込めたメッセージを送ってますか?

|

« 問題提起や戦略提案の前に | トップページ | 食事をしながら話す効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「心」が真ん中にある:

« 問題提起や戦略提案の前に | トップページ | 食事をしながら話す効用 »