« 「働く」の6段階のレベル | トップページ | そもそも何のために »

ありたい姿に向けた階段をつくる

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業経営コーチ
を目指している飯山晄朗です!

今後、会社をどのような方向性で
進めていけばいいのかと悩む

経営者が一人で悩んでいる
というケースは多いが
社員と一緒に考えてみてはどうか

SWOT分析(強み、弱み、機会、脅威)
を幹部クラス、管理者と一緒にやってみる

まずは、個々で取り組む
それぞれの立場、役割の視点から
当社の強み、弱み、機会、脅威が
見えるので、結構面白い

そして、5年後の会社、自分を
具体的に描いてもらう

それぞれに私が関与し
質問を投げながら
より具体的にしていく

SWOT分析で現状を把握し
5年後(ありたい姿)を描くことで
ありたい姿と現状のギャップが
明確になる

あとは、ギャップを埋めるべく
「何が」あればいいのか
「何を」変えるか
「何に」取り組むのか
を具体的に決めていく

今日もナイスな取り組みが
次々と出てきた

夜は息子(金沢ボーイズ)の
ピッチング練習に付き合う
ちなみに右端の左腕が息子です

10218

この時期はあまり
飛ばしてほしくないが
今月末の春の全国予選に向けて
どうしても気合が入ってしまう

ピッチングも経営と同じ
現状の息子の長所、短所を把握し
自分のありたい姿を描き
ありたい姿と現状のギャップを
どうやって埋めていくかを考え
一段一段階段を上るように進める

一気に駆け上がろうとしたり
飛び越えようとすると
ケガをする確立が高くなる
この時期はこれが一番コワい

中小企業の経営者の皆さん
ありたい姿に続く階段をつくってますか?

|

« 「働く」の6段階のレベル | トップページ | そもそも何のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありたい姿に向けた階段をつくる:

« 「働く」の6段階のレベル | トップページ | そもそも何のために »