« 「どうやるか」よりも「どういう気持ちでやるか」 | トップページ | 3番勝負はなかなかハード »

敦賀で商店街活性化事業「百縁笑店街」

091215

皆さん、こんにちは!!
最強の中小企業の経営コーチを目指している飯山晄朗です。

福井県敦賀市に来ました。商工会議所主催の「百縁笑店街」のイベントに合わせた商店経営アドバイスの仕事です。

全国の商店街で実施されている”100円”シリーズですが、商店街への集客効果はまずまずといったところ。100円ショップの台頭で”100円”の価値が上がったため、どのような商品を店頭に並べればいいのか各店頭を悩ませたようです。

とあるお店で、何を店頭に出せばいいのかわからないという店主に、

「お店の特徴からいって、○○なんかいいんじゃないですか?」

と言うと、

「それじゃぁ採算がとれないんですよ」

ちょっと待ったぁーっ!
100円で採算をとろうと考えないで。
あくまで顧客への日頃の感謝の気持ちを込めて、できれば季節柄役立つようなもの、あればいいなと思うものを提供してあげて欲しい。

店頭で100円の”ご奉仕品”を手にとって、お店に入ってきてもらってからが勝負です!
お店の特徴を生かした商品でPRする。あるいは顧客との会話を楽しむ。お客で賑わうお店はそうしています。

やはり、そのイベントの目的をしっかり理解している人とそうでない人で、集客にはっきりと差が出てます。

|

« 「どうやるか」よりも「どういう気持ちでやるか」 | トップページ | 3番勝負はなかなかハード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀で商店街活性化事業「百縁笑店街」:

« 「どうやるか」よりも「どういう気持ちでやるか」 | トップページ | 3番勝負はなかなかハード »