« 秋晴れの中の運動会 | トップページ | コーチングセッションの効果 »

達成するということ

09914

イチローが米大リーグ史上初となる9年連続200安打の偉業を達成。
とてつもなく素晴らしい結果に、同じアスリート(飯山はビジネスアスリート)として深い感銘を受けた。

物事を達成するとはどういうことか・・。
達成できる人と達成できない人の差は何か・・。。

その大きな要素に「覚悟」があると思う。
goo辞書によると、「危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること」とある。

進もうとしている道の先に何があるかわからないが、何があってもそれを受けとめる心構え(=覚悟)があるのとないのとでは全く結果が違う。

なぜかというと、何かを達成しようとして行動すると必ず問題や障害が起こる。100%何か起こると思ったほうがいいだろう。そのときに「覚悟」がないと、脳の中で「やっぱりダメだ」という言葉の反復が行われ、脳内があきらめムード一色になってしまう。

逆に「覚悟」があると、「よし、来た来た♪」と脳内が歓迎ムードになる。そして「どうやって乗り越えようか」と、脳の中でものすごいスピードで解決策を考え始める。

覚悟なくして、「達成できたらいいな」という希望的観測を述べていても、達成に近づくことはない。覚悟がある場合は、「必ず達成します!」という言葉になるはずだ。

こう書くと、「必ず達成すると言いながら達成できなかったらカッコ悪い」ということを言う人がいる。こんな人は最初から達成するつもりはないと自分で言っているようなもの。

自分で設定した目標、もしくは自分に課せられた課題であったりノルマだったり・・。カタチはどうであれ、目指すものがあり、そこにどうしても到達したければ「覚悟」を持って臨みたい。

※北陸唯一のコーチングスクールでコーチングを学んでみませんか?当スクールでは『人生を変えるコミュニケーション力を手に入れる!』をコンセプトに、少人数制でライブ感溢れるクラスを特徴としています。
詳しくはこちら → 銀座コーチングスクール金沢校 富山校

※あなたの会社、団体で研修を行いませんか?
「営業力強化」「PDCAサイクル」「報連相」「仮説思考」「5S(見える化)」「ビジネスコミュニケーション」「コーチング」といった実践力養成研修。「経営革新塾」「創業塾」「地方での起業ノウハウ」「週末起業」といった起業力、経営力養成研修。「リーダーシップ」「目標実現と行動計画」「願望実現」といった自己啓発研修。そして、チーム力を向上させる「アクションラーニング」「成果のあがる会議の仕方」など、飯山にお任せ下さい。 → こちらからお問い合わせ下さい

|

« 秋晴れの中の運動会 | トップページ | コーチングセッションの効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 達成するということ:

« 秋晴れの中の運動会 | トップページ | コーチングセッションの効果 »