« 会社のため、人生のために参加する会を選ぼう | トップページ | 今日も朝から元気100倍! »

コーチという仕事に誇りを感じる瞬間

09715

コーチ型マネジメントプログラムの社内コーチ育成で、マネージャーへのフォローセッションを行っている。今日も3名のマネージャーに対して、コーチングセッションを行う。

その中で、

「これからどんなことを学んで、何を身につけていけばいいのか・・・」

と、今後の自分に対する不安な気持ちが表面化した。自信が揺らいでいるといった様子。

なので、

「10年後はどんなふうになっていたいですか?」

と未来に視点を移動させてみた。
仕事の面での10年後はある程度明確な答えが返ってきた。

そこでもう一つ、

「10年後、○○になった△△さんは、どんな人間になっていますか?」

という質問をしてみた。
実は、社会的(仕事面)の夢や目標を実現させるには、そのなりたい姿に相応する人間性も身につけていなければならない。そうしないと、ラ○○ドアの元社長のように””ねたみ”を買い、足元をすくわれることになるからね。

今回もこの質問が”ヒット”した。
どんな人間になりたいかを考えることで、本当に自分が求めている姿が明確になったのだ。
そうすると、今の自分に足りないものが見えてきて、やるべきことが明確になった。

コーチングセッションを重ねるにつれて、本質的な部分に触れることが多くなる。相手の表情が明るくなり、元気な声で会場を後にする。

コーチという仕事に誇りを感じる瞬間である。

※「PDCAサイクル」「報連相」「仮説思考」「5S(見える化)」「ビジネスコミュニケーション」「コーチング」の実践力養成研修。「経営革新塾」「創業塾」「地方での起業ノウハウ」「週末起業」の起業力、経営力養成。「リーダーシップ」「目標実現と行動計画」といった自己啓発の研修は、飯山にお任せ下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → こちらからお問い合わせ下さい

※北陸唯一のコーチングスクールでコーチングを学んでみませんか?当スクールでは『人生を変えるコミュニケーション力を手に入れる!』をコンセプトに、少人数制でライブ感溢れるクラスを特徴としています。
詳しくはこちら → 銀座コーチングスクール金沢校 富山校

|

« 会社のため、人生のために参加する会を選ぼう | トップページ | 今日も朝から元気100倍! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーチという仕事に誇りを感じる瞬間:

« 会社のため、人生のために参加する会を選ぼう | トップページ | 今日も朝から元気100倍! »