« 目標は達成可能なものに設定することが重要。まずは目の前の目標をクリアすること | トップページ | 商売に必要な人間の資質に”素直な負けず嫌い”を追加しておこう »

最小人員でより効果的、効率的に仕事をしていくのに必要な人材は?

09312

【今日の活動】

<午前>
・金沢市中央倫理法人会のモーニングセミナーの運営
・加賀市で当社のミーティング
<午後>
・金沢市で当社社長と顧客とランチも兼ねた打ち合わせ
・加賀市に戻りデスクワーク
・当社の来期の方針説明&懇親会
・金沢へ戻りまた別の会の懇親会に参加

【今日のクローズアップ】

当社の来期の方針説明&懇親会を開催した。
当社は3月決算ということもあり、混沌とした経済状況の中でいかにして伸びていくかを社員全員で共有していく。”ピンチはチャンス”を合言葉に来期もがんばっていきたい。

このような経済状況下において大切なことは足場固め。繁忙時はどうしても忙しさに紛れて、仕組みづくり、体制づくり、人材教育がおざなりになりがち。これでは”ここだ!”というときに勝負できない。

ポイントは多くの仕事をこなせる『多能人財』を育成すること。繁忙時は役割を明確にして、その仕事だけをこなしていればいいが、少ないスタッフでより効果的、効率的に仕事をしていくにはこの『多能人財』を多く育成する必要がある。

そのための仕組み、体制づくりをこの1年で固める。そしていつでも”打って出る”準備を整えておく。

この『多能人財』を育成するに当たって一番大切なのは、経営側と社員の信頼関係である。一般的に社員は極力自分の仕事を増やしたくないと思っている。この心理的障壁を取り除き、「会社のためにもがんばる!」という気持ちになってもらうためにはどうすればいいのか。

”会社のため”ということは、裏を返せば給与のことや技能的なことも踏まえると”自分のため”だということもできるが、実際は自分のためだと思うと、人は不思議とがんばらない。

しかし信頼している人のためだったらがんばれるのだ。つまり”社長のために”ということである。これは、社長の普段からのコミュニケーションがものをいう。毎日が実践である。

※北陸唯一のコーチングスクールでコーチングを学んでみませんか?当スクールでは『人生を変えるコミュニケーション力を手に入れる!』をコンセプトに、少人数制でライブ感溢れるクラスを特徴としています。
詳しくはこちら → 銀座コーチングスクール金沢校 富山校

※目標実現力を高めたいと考えている方、また、自立型人財(自発的に行動できる人)を育成し、超ポジティブ組織をつくっていきたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 目標は達成可能なものに設定することが重要。まずは目の前の目標をクリアすること | トップページ | 商売に必要な人間の資質に”素直な負けず嫌い”を追加しておこう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最小人員でより効果的、効率的に仕事をしていくのに必要な人材は?:

« 目標は達成可能なものに設定することが重要。まずは目の前の目標をクリアすること | トップページ | 商売に必要な人間の資質に”素直な負けず嫌い”を追加しておこう »