« 自社の効率と顧客満足といったトレードオフの関係を両立させる | トップページ | 奥能登に元気をのタネ!輪島市に奥能登準倫理法人会が開設 »

WBC連覇!!イチローが死闘に終止符「日本のためにやりました!」

09324

【今日の活動】

<午前>
・加賀市倫理法人会のモーニングセミナーに参加
・当社の打ち合わせ

<午後>
・加賀JCと研修の打ち合わせ
・知り合いの事業所で懇談
・デスクワーク

【今日の話題】

やりました!!「WBC」日本連覇!!

自宅に帰ってニュースで知りました。車の移動中にTVを観たかったのですが、観てしまうと仕事が手に付かなくなることがわかっていたので我慢してました。

予選ではどうなるかとハラハラしてましたが、試合を重ねる度にチーム力が上がっていったように感じます。土壇場で踏みとどまり、一気に頂点まで駆け上がっていく姿は前回のWBCと似ていますね。

経営者、リーダーとして気になるのは、チームのモチベーションが下がったときに、どうやってチームのモチベーションを維持してきたのかということ。大小の歯車をうまく噛み合わせて大きな力を生み出すために何が必要なのか・・・。

世界一の連覇!

という目標が原動力になっていることもあるだろうが、これだけではないだろう。もっと日本人として、野球人としての価値観や理念といった目的の部分に、モチベーションの源泉があるのだと思う。

「日本の野球がNO.1だということを証明する」
「北京オリンピックのリベンジ」
「アジアの野球を世界に示す」

といった目的が、選手一人ひとりの中に落とし込まれていたのではないか。
世界一になるという目標だけではここまで粘りを見せることは難しい。”なぜ世界一を目指すのか”という目的が選手を動かしていると思う。

これはイチローの発言からもわかる。

「日本のためにやりました!」

一人ひとりがこのような気持ちで頑張れば、不景気なんて吹っ飛ぶに違いない。

※北陸唯一のコーチングスクールでコーチングを学んでみませんか?当スクールでは『人生を変えるコミュニケーション力を手に入れる!』をコンセプトに、少人数制でライブ感溢れるクラスを特徴としています。
詳しくはこちら → 銀座コーチングスクール金沢校 富山校

※目標実現力を高めたいと考えている方、また、自立型人財(自発的に行動できる人)を育成し、超ポジティブ組織をつくっていきたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 自社の効率と顧客満足といったトレードオフの関係を両立させる | トップページ | 奥能登に元気をのタネ!輪島市に奥能登準倫理法人会が開設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC連覇!!イチローが死闘に終止符「日本のためにやりました!」:

« 自社の効率と顧客満足といったトレードオフの関係を両立させる | トップページ | 奥能登に元気をのタネ!輪島市に奥能登準倫理法人会が開設 »