« 理想の損益計算書をつくる | トップページ | ワクワク感が成果を生む »

会議でアイデアが出る瞬間

08715_2

営業会議での一幕。

営業部長:「今期に入ってガソリン高騰などの影響でお客様の財布の紐が固くなり、当社の売上が伸び悩んでいるが、売上を上げるために何か良いアイデアはないか?」

社員:「なかなか難しいですねぇ」

営業部長:「難しいじゃないよ。売上を上げるためのアイデアを出してくれ」

社員:「そう言われても・・・」

営業部長:「ボーっと仕事しているんじゃないよ!なぜ売上が上がらないんだ?」

社員:「ですから、部長が言われるようにガソリン高騰の影響かと・・・」

営業部長:「だから、そうじゃなくて、自分自身の営業のやり方で改善するところはないかとか、そういうことを聞いているんだよ」

社員:「はぁ・・・」

営業部長:「はぁ、じゃないよ。まったく・・・」

あなたの会社、こんな会議をしていませんか?
実はちょっとしたコツで会議がスムーズにいくんですよね。

それは、

過去否定型ではなく、未来肯定型で進める

過去を否定するような問いかけや言葉を極力なくし、未来を肯定するような問いかけや言葉を多くする。

例えば「なぜできないんだ?」を、「何があればできるようになるか?」という問いかけに変える。これだけでも会議は生産的になる。

※目標実現力を高めたいと考えている方、また、自立型人財を育成し、超ポジティブ組織をつくっていきたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 理想の損益計算書をつくる | トップページ | ワクワク感が成果を生む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会議でアイデアが出る瞬間:

« 理想の損益計算書をつくる | トップページ | ワクワク感が成果を生む »