« モーニングセミナーは熱気ムンムン | トップページ | 田んぼの緑を見ながら農業を考える »

商いの原点

08620

会議室に、商売十訓なるものが掲げられてあった。

一、損得より先きに善悪を考えよう
二、創意を尊びつつ良い事は真似ろ
三、お客に有利な商いを毎日続けよ
四、愛と真実で適正利潤を確保せよ
五、欠損は社会の為にも不善と悟れ
六、お互いに知恵と力を合せて働け
七、店の発展を社会の幸福と信ぜよ
八、公正で公平な社会的活動を行え
九、文化のために経営を合理化せよ
十、正しく生きる商人に誇りを持て

これは、商業界での集会などに必ず読み上げられる商業の原点を表した普遍的な文言であり、正しい商人のあり方を示す十の教えなのだとか。

社長を待っているときに読んでいたのだが、どの言葉も納得。普遍的というのもうなずける。

また、松下幸之助翁の『商売戦術30カ条』というのもある。こちらは昭和11年に販売店向けの機関誌に掲載されたものだが、具体的な内容にも関わらず現代にも十分通用する内容だから驚きだ。

商品やサービスを提供する人(店)の心構えが、その商品やサービスに影響する。だから、”誰から(どの店から)買うか”が重要なファクターとなる。

商いの原点を再認識して、お客様から必要とされる人(店)づくりに邁進しよう!

※目標実現力を高めたいと考えている方、また、自立型人財を育成し、超ポジティブ組織をつくっていきたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

※銀座コーチングスクール金沢校 クラスA(第5期)が7月12日(土)、13日(日)から始まります。人生を変えるコミュニケーション力を手に入れよう!
銀座コーチングスクール金沢校受講のお申し込みはこちらからどうぞ。

|

« モーニングセミナーは熱気ムンムン | トップページ | 田んぼの緑を見ながら農業を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商いの原点:

« モーニングセミナーは熱気ムンムン | トップページ | 田んぼの緑を見ながら農業を考える »