« 新聞に載っちゃった! | トップページ | 経営者モーニングセミナー5月最終週 »

PHPで松下哲学を学ぶ

08528

PHP経営者友の会の例会に参加。

仲間でもある中華料理店 菜香樓 新館でランチを挟んで行われたが、中国の地震での出来事、それに関連して食の安全の話題が持ち上がった。

地震では、日本の救助隊が、がれきの前で助けることができなかった方々に対して黙祷を行ったことが、地元住民から賞賛を浴びたこと。何でも中国では偉い人が亡くなったときしか黙祷しないという。日本の救助隊のおかげで、人類は皆平等なんだということが認識できたという。日本人への認識が変わったんじゃないかな。

この中華料理店でも四川出身の社員が何人もいて、故郷の家族、友人の安否を心配したという。幸いケガもなく無事だったという報告を受け、ほっと胸をなで下ろす。

食の安全に関しては、”ギョーザ問題”に端を発して問い合わせが続いたという。食品卸の会社でも、食品の保管状態や配送等に関して立ち入り検査が入ったという。

「これだけ中国の食材の安全性について叫ばれているのに、まだ中国の食材を使っていることに対して何も感じないのか」

といった、わけのわからないことをいうクレーマーまで出没しているようだ。そもそも中国の食材を使わないお店は本物の中華料理店じゃないでしょう。嫌なら来なければいいじゃやないか。

私達が普段飲んだり、食べたりしているもので純粋な日本の食材がどれだけあるのか。お米と芋くらいだともいわれている。国もこのままじゃいけないと、農政改革に乗り出しているが・・・。
自給率が40%と、先進国の中でも異例の低さの日本。今までの農業政策のツケが回ってきている。

こんなことを話し合いながら、美味しい料理を食べて、例会が進んでいった。
松下幸之助翁が提唱したPHP友の会では、毎回、松下幸之助翁の経営哲学、人生哲学を学ばせていただいている。

※飯山も講師として参加している北陸NO.1セミナーズ主催で『はばたけ社長塾』を開催します!前回1月に参加いただいた受講者からは、「高いお金を出して東京で受講したのと全く同じ内容だった」という、大変うれしい感想をいただきました。あなたも体感してみませんか?詳細はこちらから → クリック

|

« 新聞に載っちゃった! | トップページ | 経営者モーニングセミナー5月最終週 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PHPで松下哲学を学ぶ:

« 新聞に載っちゃった! | トップページ | 経営者モーニングセミナー5月最終週 »