« 返報性の法則 | トップページ | 独立☆起業の条件 »

立山連峰をバックに練習試合

08429

今日は『昭和の日』。てっきり『みどりの日』とばっかり思い込んでいた。恥ずかしながら最近カレンダーを見てこの祝日の名称を知った(^^;

さて、ゴールデンウィークに突入しているが、この連休は息子のボーイズリーグ(金沢ボーイズ所属)の練習及び試合を楽しんでいる。今日は、3年生は北陸代表として臨む3日からの中日本大会(三重県津市で開催)に向けた最終調整、1,2年生は富山県滑川市まで遠征して練習試合をすることに。

相手は、新川ボーイズ、高岡ボーイズだ。2年生主体のチームで臨み、結果は1勝1敗だったが、結構見ごたえのある試合だった。それにしても、体つきが違うとそのままプレーの差となって表れてくるところは何ともし難い。やはり体づくりが基本だ。

立山連峰の壮大なパノラマをバックに試合を観戦できるなんてなんとも贅沢。富山県のボーイズのチームは行政のバックアップの下、専用の球場を持っている。なんとも羨ましい限りだ。

現在石川県ではボーイズリーグ所属のチームが増えていることもあり、うちのチームはジプシー生活を余儀なくされている。石川県の少年スポーツの振興発展のために何とかしてほしいところだ。

我が金沢ボーイズのチームカラーはロイヤルブルー。そして、プロ野球選手並みに背番号が固定され、背中に名前も入る。保護者のTシャツ、グランドコート等にも息子の背番号がつく。これは結構楽しい。1年生でも入団の早い選手は一桁の背番号になっている。

うちの息子は入団したばかりなのでまだ背番号も決まっておらず、ユニフォームもあたっていない。背番号は現在の空き状況を考えると、おそらく40番台になりそうだ。何番があたるのか楽しみである。

※目標実現力を高めたいと考えている方、また、自立型人財を育成し、超ポジティブ組織をつくっていきたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 返報性の法則 | トップページ | 独立☆起業の条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山連峰をバックに練習試合:

« 返報性の法則 | トップページ | 独立☆起業の条件 »