« 法要専門会館 | トップページ | 影響力を与えられる人間になるために »

電子申告と格闘

0839_2

今日の金沢はとっても良い天気。
野球日和だよねぇ。事務所に向かう途中のあちこちの小学校で練習試合が行われている。こういう光景を見ると息子の学童野球が終わってちょっと寂しい気がしますね。

さぁ、今日は確定申告の電子申告手続きを終わらせるぞ、と意気込んで事務所入り。
しかし、溜まっていた事務処理をしているうちにすでにお昼を過ぎてしまった。

あらら・・・。
そろそろ確定申告に取り掛からねば、と電子申告のためのデータ作成を行う。
収支報告書までは順当にいったが、申告書の作成で悲劇が・・・。

「不正な処理を行ったので処理を修了します」

申告書を入力し終えて、データを保存しようとボタンを押したら、こんなメッセージが・・・。

オー、マイゴ~ッド!

個人事業者なので、源泉徴収票の量が大変多く、入力に時間がかかっていたのだ。
しばらく、頭がフリーズしてしまった。

コーヒーを入れ、一息ついてから、申告書を最初から作成し直し・・・。
実は、これを2回も食らってしまった。原因不明・・・。

やっとのことで申告手続きを終えると、すでに外は真っ暗。
しっかし、こんなわかりにくいシステムをよく作れたね。昨年よりはマシなのかもしれないが。
製作はどこかのベンダーに依頼していると思うんだけど、当然、税理士会が関与しているはず。まっ、でも結局は行政主導でいじくり回しているうちに、こんなシステムになっちゃったんだろうね。

法律なんかもそうだけど、使い手のことを考えて、できるだけシンプルに、明快にしてほしいものですね。

※人生や仕事での目的や目標を明確にして、その実現に向けて取り組んでみたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 法要専門会館 | トップページ | 影響力を与えられる人間になるために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子申告と格闘:

« 法要専門会館 | トップページ | 影響力を与えられる人間になるために »