« 覚悟を決める | トップページ | 電子申告と格闘 »

法要専門会館

0838

祖母の四十九日法要に参列するため、富山県射水市(旧小杉町)へ。祖母が眠る予定のお寺で法要が行われました。
約1時間に及ぶ法要(長過ぎ・・・)が終わり、会食は仕出し料理(お重弁当)です。

この法要後の会食も仕出しが一般的でしたが、最近では様変わりしています。
仕出し料理はどうしても冷めてしまうため、本来は温かいはずの料理も美味しくいただくことはできません。せっかく多くのお金を使っているのですから、美味しい料理をいただきたいというのが本音です。

そこで、法要専門会館の登場です。

『お参りもお食事も一括して同じ場所で』

というニーズに応えたスタイルで、お参りの後の食事も、冷たいものは冷たく、温かいものは温かくいただけるのはうれしい。高齢者に配慮したバリアフリーの建物、そして専門のアドバイザーが、案内状の送付から席順等の細かな点まで親身になって一緒に考えてくれる、そんな会館が金沢、津幡に存在していました。

法要専門会館 京武蔵がそうです。面白い取り組みをされているので一度ウェブサイトをご覧下さい。

※人生や仕事での目的や目標を明確にして、その実現に向けて取り組んでみたいと考えている方は、飯山にご相談下さい。あなたの望む結果にコミットメントします! → クリック

|

« 覚悟を決める | トップページ | 電子申告と格闘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法要専門会館:

« 覚悟を決める | トップページ | 電子申告と格闘 »