« 学習する組織への変革 | トップページ | 日本のモノづくり企業を変える! »

学童野球とお別れ

08127

息子の学童野球の卒団式。

4年間いろんなことがありました。
サッカーか野球かと迷うも、友達が入るからと野球チームへの入団を決断し、2年生の1月から野球を本格的に始める。3年生の夏、まだまともにボールを投げられず、バットを振れば三振の山を築いていた。

4年生になって、ジュニア大会でエースを任せられ、優勝候補といわれながらも、1回戦で完全試合で負けてしまったこと。6年生チームの中でレギュラー番号をもらいがんばったこと。

5年生になってエースナンバーを背負うも、体の成長から制球が定まらず、苦しみながら野球を続けたこと。6年生になってファーストに回り、得意の足と走塁、バッティングを活かし1番打者として活躍したこと。

身長も私の小学校卒業時と同じくらい(163cm)になり、ちょっとお兄ちゃんっぽくなってきた。いろんなことを思い出すと、涙がボロボロと流れてきて、まともに話すことができないくらいだった。

普段人前で話すことを仕事にしているはずなのに、なぜか子供のこととなると熱いものがこみ上げてくる。涙もろいにもほどがあるといった感じ。

学童野球生活も終わりを告げ、ちょっと寂しい感じがする。今まで4年間、週末になるとグランドで一緒に汗を流してきたが、これももう終わり。これからは仕事にがんばろうっと。

と言いつつも、息子が中学校で野球をするのであれば、中学校へも何度も足を運ぶんだろうなぁ。

|

« 学習する組織への変革 | トップページ | 日本のモノづくり企業を変える! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学童野球とお別れ:

« 学習する組織への変革 | トップページ | 日本のモノづくり企業を変える! »