« 目標設定にはコツがある | トップページ | 人間力を高められる場 »

成長するということ

0819

飯山のミッション(=使命)は、”人と組織の成長支援”である。
つまり、自分の生涯(命=時間)をかけて取り組む課題だということである。

ブログを始めたのは、2004年の1月8日。ちょうど丸4年経つが、ブログ開設から一貫してこの”人と組織の成長支援”をテーマにしてきた。おかげさまで、累計アクセス数は204、000に達した。

ふと、ここでもう一度原点に返って、『成長』とは何かを考えてみたくなった。ここでいう成長とは体が大きくなるというような物理的なことではない。パフォーマンス(=能力)の成長のことである。

『成長する』を辞書で調べると「育つ」「伸びる」「発展する」といった意味があるようだ。では、何がきっかけとなって成長するのだろうか・・・。

それはやはり、実体験しかないだろう。いくら知識を詰め込んでも、実体験のない知識では、実際に役に立たないことが多い。実体験を通じた成功体験が、人間を成長させると確信している。
成功体験を積む過程では、失敗はつきもの。成功の数以上に失敗の数のほうが圧倒的に多くなる。これが当たり前。失敗を怖がってチャレンジしない人は、成功なんて夢物語である。

成功とは、『自分にとって価値ある目標を前もって設定し、段階を追って実現していくこと』。
まず目標設定だ。どこに向かうか、行き先を明確にすることから物語はスタートする。その準備段階として、やりたいこと、なりたい自分、欲しいもの等をどんどん書き出すこと。あとは優先順位を決め、優先順位の高い目標から行動計画を作成して、目標実現に向けて取り組んでいけばいい。

これを繰り返していくことが成長するということだと思う。
当然、成長支援をテーマにしている自分自身も、目標実現に向けて走っている。
飯山は、バカが付く位、人の成長をサポートをすることが大好きであり、生き甲斐になっているとつくづく感じた。

|

« 目標設定にはコツがある | トップページ | 人間力を高められる場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成長するということ:

« 目標設定にはコツがある | トップページ | 人間力を高められる場 »